経済成長への影響も避けられない

4-6月期の経済成長率の影響も避けられないでしょう。

というのも、前回の熊本地震では、風評被害によりインバウンド客が激減し、外国人観光客の消費額が減少した要因だけでも2016年4-6月期の経済成長率を年率で▲0.2%以上押し下げました。

特に大阪はインバウンドの恩恵を大きく受けてきた地域だけに、被害の状況もさることながら、プラス成長に転じると期待されてきた4-6月期の経済成長率の行方も心配です。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31885600Y8A610C1000000/

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?