見出し画像

COMEMO徳力さんイベントメモ

このイベントを知った時にはすでにチケット売り切れだったんですが、
運営の方にメールして増席してもらって、なんとか行けたイベントで、
予想通り楽しいイベントでした(^-^)

もっと少人数の会があればぜひ参加したい!
→運営の方、企画の方どうぞ宜しくお願いします!!!

さて、今回のイベントでの一番の収穫は、
「自分のメモとしてブログを書く」ということを学んだこと。
これが一番嬉しい収穫でした。

以下の徳力さんのイベント告知にもあるのですが、
あの日々の記事は「自分のニュースメモ」ということなんです。

これで私としてもかなりハードルが下がりました。

イベントの途中でnoteに1記事上げるってワークがあったのですが、
メモとして書くということで、気軽に書けました。
そして書いたのが、この以下の記事です。

そして私の隣の席でお知り合いになった小林さんの記事がこちらです。
*こうした周りの方とのネットワーキングタイムも嬉しかった!

このメモとして書く方法は、徳力メソッドと言われているとのこと。

・タイトルで言いたい事は語り尽くしてしまう
・本文は単に思い付いたことをつらつらと。
・締まらない締め方、何もまとめずに終わる


ビジネスマンとしてブログをするという文脈においては、
自分のためにアウトプットしておくことが大切なのだけど、
情報発信と言ってしまうと過度に身構えてしまうので、
誰か1人に向けて語りかけるように、
メモを書く程度の気軽で、書く。

これが長く続けられる秘訣であるし、
長く続けることで見えてくる世界もまた変わる。
それが実感できた一夜でした。

そして最後に上記のnoteがフォローしている人たちが、今回のイベントに参加した方々で、徳力さんが横の繋がりを作るために作って下さいました。
そう言った意味でも、「優しい恩返し」をされているのだと感じます(^-^)

徳力さんありがとうございました!
そして参加した皆様、これから宜しくお願いしまーす!


#黒坂図書館 #黒坂宗久 #アゼルバイジャン #日本語図書寄贈 #海外 #40代の挑戦 #COMEMO #note #2足の草鞋 #会社外活動 #COMEMOイベント #徳力さん #メモを書くように #1人に語りかけるように #アウトプット #ビジネス #カルチャー #楽しかった

------------------------------------------------------
お気軽に寄ってもらえたら黒坂、喜びます (^-^)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■黒坂図書館Web siteです。
http://kurosakalibrary.com/
■黒坂図書館のFacebook pageはこちらです。
https://www.facebook.com/kurosakalibrary/
■黒坂図書館のエッセンスを動画(約7分)で!
https://youtu.be/x9nTPiabLKU
■J-WAVEに出演した時の内容
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/come-together/2018/09/14-082037.html
------------------------------------------------------
■黒坂個人のFacebookはこちら
https://www.facebook.com/munehisa.kurosaka
■黒坂個人のTwitterはこちら
https://twitter.com/munehisa_k
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んでいただいたみなさん。 スキボタンを押したり、 SNSでシェアして頂けると本当に嬉しいです! 是非リアクションをお願いします!

また、読んで貰えると嬉しいです。
14
74年神奈川生まれ。子供時代に科学雑誌「Newton」を読み、宇宙飛行士を志す(963人から230人に残るが落選)。日米で免疫学を研究、製薬企業5年、トムソン・ロイターで5年勤務。現在は製薬会社にデータを提供する仕事。サイエンスの気になるニュースも発信します!

コメント2件

ご丁寧にありがとうございます。
引き続きよろしくお願いしまーす。
このコミュニケーションが嬉しいんですよねー^_^
色々な知見や機会を貰えて感謝してます。
今日はありがとうございましたー!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。