意思決定を早くするために意識する4つ

重要度

影響の小さい決断には、時間をかける必要は無い。答えを出す問は「意思決定による影響の大きさはいかほどか?」となる。それがたいしたことなければ、さっさと決めてしまえばよろしい。

頻度

何度も行う意思決定は速くおこなう。意思決定の回数が稼げれば、データが蓄積し、結果を最適化する意思決定モデルが作れる。モデルが作れれば、意思決定速度も精度も格段に向上する。一方で、稀にしか行わない重要な意思決定は、このモデルが作りにくいため、相対的に難易度が高くなる。慎重になりすぎても良い判断につながるわけでもないし、時間をかけすぎるとチャンスを逃す。

オプション

重大な意思決定を行う前に、小さい意思決定をして情報を増やす。買収ではなく、業務提携や少額出資するという具合で。

期限

それでも決まらなければ期限をきって強制的に決めてしまう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!note続けられそうです!
9
広告をはじめとするマネタイズをやっています。スマートニュース株式会社。はてな副社長→kamado社長→ミクシィ取締役(買収に伴い)→スマートニュース執行役員。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。