新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

インフルエンザの方が1万倍も怖いはずなのに…みんな一回落ち着こう

新型コロナウイルスの風評被害で「コロナビール」販売会社が2カ月で310億円の売上減

たちの悪いジョークかと思いましたが、どうやら本当みたいです。コロナウィルス関連の話は、WHOや各国政府の舵取りに色々と問題があり、必要以上に騒ぎが大きくなり過ぎていると個人的には思っていますが、それより何より、みんな過剰反応しすぎじゃないかと。ほんと、一回落ち着きましょうよ。

確かに怖い病気ではありますが、調べれば調べるほど、インフルエンザと比べて極端に恐れるほど悪性のものとは思えません。感染力の高さや致死率の面から考えても、こんなリーマンショックや東北大震災に迫るレベルの経済的損失が発生すべき類の病気じゃぜんぜん無い。ちょっとこちらの「新型コロナウィルスが他の感染症に比べてどのくらい恐ろしいのか、グラフで比較してみた」という、お医者さんの書いた記事を読んでみてください。

色々と有益な情報があるのですが、注目すべきポイントの一つとして致死率、つまり回復しない確率ですが、こちらは約0.5%です。つまり、感染者の200人に一人が亡くなるという意味です。これだけ見るとすごい高く感じると思うのですが、コロナウィルスに関しては感染しているけれど感染者としてカウントされていない人数が、インフルよりも桁違いに多いことを思い出してください。症状が軽症の場合は検査を受けられないし、そもそも自覚症状が薄いので検査を受けようともしない人が相当数いると言われています。しかも、重症な人から先に検査対象となるので、必然的に感染者全体における重症患者の比率が高くなる。つまり、致死率の母数となる感染者数が実際よりはるかに少ない上に、死ぬ可能性の高い人から先に感染者扱いになるので、見かけ上の致死率が高くなっている可能性が極めて高いのです。9.6%もの高い致死率だったSARSが流行した時ですらここまで過剰反応は無かったのに、なぜその20分の1程度、実際にはもっと低いはずのコロナウィルスでここまで騒ぎ立てる必要があるのか。

それ以上に注目すべきは、患者数と感染力です。毎年この季節に猛威を奮っているインフルエンザの国内感染者数は、2016年から2018年までの3年間で、平均で1,000万人超です。対するコロナウィルスの感染者数は今日時点で200人いるかどうか。5万分の1です。そして、感染りやすさではインフルエンザとコロナウィルスはだいたい同じくらいの強さということですから、これは極めて単純に言うと、コロナウィルスよりもインフルエンザにかかるリスクの方が5万倍高いということです。ちなみに、インフルエンザの致死率は0.1%程度と言われているので、これはコロナウィルスの5分の1程度。これってつまり、インフルエンザで死亡する確率の方がコロナウィルスより1万倍も高いということですよ。そんな危険な病気が毎年毎年流行っているのに、別にみんなそこまで気にしないでライブ行ったりイベント行ったりしてますよね?大事なことなのでもう1度書きますが、感染して死ぬ危険性がコロナウィルスの1万倍も高いインフルエンザはそこまで気にしないのに、なんでコロナウィルスの事をそこまで怖がってトイレットペーパー買い占めたりするんですかね?

コロナウィルスは人によっては重度の肺炎を引き起こすので、確かに危険な病気ですし、最大限注意すべきなのは間違いないです。治療法が確立されているインフルエンザと違って、じっくり治るのを待つしか無いというのは、かなり大変な症状ではあります。なので、可能な限り満員電車にも乗らないようにしたり、外から帰るたびにしっかり手洗いするのは大切なことだと思います。でもそれって、対インフルエンザ対策としてそもそもやっておくべき事じゃないですか。

勘違いされる方もいそうなので、念のため明記しておきますが、私はコロナウィルスを気にする必要が無いと言っているわけでは決してありません。そうではなくて、数字の面でははるかに死亡リスクが高いインフルエンザと同じく、冷静になって接し方をちゃんと知りさえすれば、今のような無駄なパニックにならないで済みますよということです。コロナウィルスはワクチンがまだ無いじゃないかと言う人もいそうですが、成人のインフルエンザ・ワクチン接種率は30%程度ですから、ワクチンの有る無しはそんなにギャーギャー騒ぐほど大きなファクターじゃない。

大変残念ながら、日本の政府はこういう状況下であまり役に立たないどころか、思い付きで学校を休めせてしまう(しかも保障などしないし、最終決定は自治体に委ねるというズルさ)など、リーダーシップの能力は驚異的に低いので、一切期待できないのが実情です。幸い大多数の日本国民はどんな非常時でも暴動を起こしたりせずに行動でき、政府の失策の尻拭いをするかのように、様々な民間企業が学習支援や子育て支援の対策を次々と打ち出しています。

ほんと、けっこう真剣に思うのですが、いっそのことみんなで政府の事は無視して、危機感を煽るだけの下らないマスメディアもシャットアウトして、優秀な民間だけで動かしていった方が、早く状況が改善する気がしてなりません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

638
事業立ち上げの専門家として、数々のスタートアップや大企業の事業部立ち上げに従事。現在は、株式会社EDGEofのco-CEOとして、日本のイノベーションエコシステムの国際化に邁進、20カ国以上の政府と様々な取り組みを進めている。J-Startup推薦委員。
コメント (4)
軽視している人から感染拡大が始まる
軽視は良くないですよね
インフルの死亡率だって母数は大目に見た推計感染数じゃないですかね
コロナウイルスはまだ誰も免疫をもっていないウイルス。
(つまりだれしもが高確率で感染するウイルス)
インフルエンザとの比較をすること事態ナンセンス。
インフルエンザは免疫を持っている人も多くワクチンもある。

コロナウイルスの入院率は20%対して、インフルは1%
致死率もコロナは1%に対してインフルは0.1%。

アメリカでは0.1%のインフルエンザで年間6万人なくなっているのに対し
コロナは1%の致死率と言われている。
つまり10倍の致死率である。

この筆者の知識不足とこの記事は古いのでしょうがないが
いまとなって感染者がふえてきているのも事実。

焦ってはいけませんが、危険なウイルスであることは
いろいろな専門家から発信されてきています。

また焦りになりティッシュ等買い占めはよくないですが
実際にかかった人が肺にガラスがささったような状態等
これはインフルエンザではみられませんよね。。。

インフルエンザより、コロナの方が致死率が少なくない
と考えているのであれば一回かかってみたら?

https://www.youtube.com/watch?v=FVIGhz3uwuQ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。