買い替えサイクル到来

大型テレビについては、買い換えサイクル到来の影響もあるでしょう。

というのも、テレビの販売を振り返ると、2009年度から始まった家電エコポイントから2011年7月の地デジ化にかけて、アナログテレビが見られなくなってしまうということで、多くの世帯がテレビを買い替えましたから。

一方、内閣府の消費動向調査によれば、今年3月調査でテレビの平均使用年数は9年強となってますので、今年度あたりから家電エコポイントで売れたテレビの買い替えサイクルが本格化することが期待されます。

サッカーW杯で予想外にサムライジャパンが健闘してますし、来年10月に消費税率引き上げも控えてますので、それも購入を後押しするかもしれませんね。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32119300S8A620C1EA6000/

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?