見出し画像

ESG投資とリターンの関係

先週は以下の著書に関して記者勉強会を開催しました。

その内容と全く関係ないわけではありませんが、記者からの質問の1つにタイトルに示したものがあります。私からの答えには2つの側面があります。

1つはそもそもESG投資は財務的なリターンだけではなく、環境や社会への好影響をも追求するもので、後者の要素が含まれているというのがESG投資の特徴です。伝統的な投資では財務的なリターンの最大化が主な目的でしたが、それに環境・社会面の要素を加えて修正したのがESG投資というわけです。ESG投資家も投資家である以上、財務的なリターンを気にしないわけにはいきませんが、それを必ずしも主目的にしていないという点は念頭に置いておく必要があります。

もう1つは財務的なリターンを上げる能力とESG投資というスタイルとは独立で考える必要があるということです。2000年代初めには「SRI(社会的責任投資、ESG投資の当時の呼び名)は儲からない」と考える風潮が強かったと記憶しています。当時はいわゆるITバブルの崩壊により、ESG投資であっても、そうでなくとも、株式相場の弱い地合いを反映して、好リターンを維持していたファンドマネジャーはそう多くなかったはずです。すなわちESG投資であっても非ESG投資であっても、損失を出すファンドマネジャーは多くいたということになります。それにもかかわらず、財務リターンのみにこだわっていないことを理由にESG投資を批判するのは短絡的と言えます。ファンドマネジャーによる投資銘柄の選別、投資タイミングの選別がリターンにとって肝要なのであり、ESG投資か否かはリターンとは直接関係ないことを強調したいと思います。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!
11

黒田 一賢(株式会社日本総合研究所 スペシャリスト)

日本サステナブル投資フォーラム運営委員 青山学院大学非常勤講師 近著に『ビジネスパーソンのためのESGの教科書 英国の戦略に学べ』 ※執筆者の個人的見解であり、日本総合研究所の公式見解を示すものではありません。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...

コメント1件

黒田さん、ボクの筆文字をお使いいただきまして光栄です😊✨

どうも有り難うございました❗️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。