見出し画像

もう11月で今年も、残り2か月ですが、この1年、皆様、いかがでしたでしょうか?まだ残り、2か月ありますので、目標や夢、やりたいことに、今一度向き合ってみてはいかがでしょうか?

宇宙飛行士の記事を読む機会があったので、今日は、夢や目標との向き合い方について話します。

夢や目標、といっても、じゃあ、僕がアラフォーになって、オリンピックで金メダルをとろうといっても難しかったりします。肉体的な面もそうだし、あまりに途方もない目標だと、時間もかかるし、続かないです。

今日はそこそこ難しそうな目標を達成するには、といった感じで話します。

前提として、夢や目標が逃げることは絶対にないので、”正しい”努力を継続していけるかに尽きます。

もう自分も40歳近いですが、20代の目標はアメリカの名門大学に留学することでした。

そして、その目標は既に実現しているので、今は別の夢や目標に向かって日々進んでいます。その新しい目標には、かれこれ10年ぐらい挑戦していますが、まだまだ道半ばではあります。なので、それだけ時間がかかってしまう、ということです。

話を戻すと、大学時代TOEIC500点くらいの自分が、運よく、スタンフォード大学という超名門大学に合格し、また、2年次にはほぼAをとることができたのは、常に夢や目標に向かって、地道に前進していたからです。

割と単純なことですが、目標について心がけていることです。

①夢や目標は、明確化すること
〇〇できたらいいな、というのだと、なかなか叶えるものは難しく、いつの間にか、なあなあになって忘れてしまうことが多いです。
例えば、私の場合、スタンフォードビジネススクールに留学する、という夢、目標を掲げた際に、2009年9月入学でスタンフォードビジネススクールに入学する、と具体的な日付を入れました。

曖昧な表現は避けましょう。例えば、5月7日までにやせる、というのだと痩せるのは難しかったりします。5月7日までに5KGやせる、としてはじめてやせられます。

②達成可能な中間目標をいくつも設定すること
二つ目、夢、目標を設定したら、次は、中間目標を設定してください。 中間目標は最低、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年後の4つはたてるのが良いです。
その際に、なるべく具体的に日付、アクションプランを設定します。

③忘れないように毎日唱和するか、見返す、目に触れることが重要
見える化して毎日最低2回は見返してください。
手帳などに記載して、毎朝見返してください。夕方くらいにも見返して、一日最低2回くらい見返すのが良いです。私の場合は、タスクリストの一番上に記載しているので結果的には、1日3回以上見ます。

④達成できない、と思ったら必ず、迅速に修正目標をたててください
中間目標など途中で達成できない、と思ったら諦めずに修正計画をたててください。
例えば、10月5日までに5KG減らす、8月5日までに2KG減らす、とした場合、8月5日までに、2KG減らすのが難しいと分かった場合、修正のためのアクションプランをたててください。

例えば、1KGならできるのか、1.5KGならできるのか、明確にして再度目標を立て直します。

また、なぜ達成できなかったのか、考える時間をとることも重要です。達成できなかった原因について考えてみてください。

中間目標が達成できない場合は、達成できるレベルになるまで小さい目標になるまでブレイクダウンしていくのがお勧めです。

夢、目標は全て達成する、というのは難しいのは事実ですが、ちゃんと筋道たてて、私の言う通りにすれば、そこそこ達成できたりします。

達成への道筋もつらいことが多いでしょう。ただ、追いかけ続けることで、色々想定外の学びもありますし、達成したときの達成感ははかりしれないです。

人生100年時代です。何をはじめるにしても遅すぎる、ということはありません。明日からと言わず、今すぐにでも行動しましょう、動き始めましょう。

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?