人生100年時代構想会議の時代に必要とされるMOOC

『大学などの講義をインターネットで無料配信するMOOC(ムーク、大規模公開オンライン講座)が幅広い世代から支持を集めている』という記事が興味を引きました。 ちょうど人生100年時代構想会議の有識者議員として『ライフシフト』著者のリンダ・グラットン氏が選ばれるなど、生涯教育や「スキルの学び直し」というテーマが注目されているだけに気になるトレンドです。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20967410R10C17A9NZBP00

隙間時間を使って気軽に、専門性の高い講義に触れられる点が受けている。若い世代は様々な分野に知識を広げて職業選択の一助にし、シニア層は「学び直し」に役立てている。日本版MOOCは14年に日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)が公認の仲介組織(ドコモgacco、ネットラーニング=東京・新宿、放送大学、富士通が運営)と協力してスタート。17年7月末の登録者数は38万人を超えた。30~50歳代で7割近くを占め社会人の割合が高い。

『日本版MOOCに38万人』という規模が、果たして幅広い世代から支持を集めているかどうかはさておき、米国MOOC最大手コーセラ(Coursera)のウェブサイトを見てみると登録者が2,500万人と書かれていてその規模がとても大きいことに驚きます(当然途中で脱落する多くの人を含んでいる数字とは思いますが)。 

コーセラの提携大学は世界の名門校を中心に現在149大学、合計資金調達額も2億1000万ドル、そしてこの6月にはそれまでCEOを3年間勤めていた元イェール大学学長が退任、新しくCEOに就任したのはアカデミックのバックグラウンドではなく、ファイナンシャルエンジンという会社の元CEO、Jeff Maggioncalda氏が就任したそうです。

ファイナンシャルエンジン社は資本資産価格モデル(CAPM)を発表してノーベル経済学賞を受賞したウィリアム・F・シャープ博士が設立した、リタイアメント後に向けての資産運用サービスを提供する会社で、既にIPOも果たしている会社です。同社のIPOを牽引した人物がCEOに就任することでコーセラもIPOを目指していることが伺えます。 同時に、オンライン教育をビジネスの文脈にも拡大を目指し企業研修のマーケットにも提供し(Coursera for Business を先日リリースしたばかり)、また退職者のセカンドライフのマーケット感覚を持っている人がコーセラのCEOに就任したことはとても興味深い人選ではないかと思います。

『AIが仕事を奪う?』という議論もこれからますます盛り上がっていく中で、長い目でMOOCにも注目しておきたいと思います。

お読みくださってありがとうございます!国内外の気候変動、クライメートテック関連の情報をメディア目線で切り取って発信を試みてます。スキをクリックしてくださったり、シェア・コメントなどいただけたらとても嬉しいです