見出し画像

#ご意見募集 テクノロジーでシニアの 働き方が変わると世の中は?

シェアリングエコノミー伝道師の石山アンジュです。 
シェアリングエコノミーはシニアと現役世代の働き方をどう変えるのか? 

人生100年時代において、私たちの働き方で課題となるのが超高齢化社会。2055年の日本は、1人の若者が1人のシニアを支える社会になるとも言われています。

介護と税金に追われる若者…。私たちがシニア世代になったとき、社会モデルは限界を迎えるかもしれません。 

そのような人生100年時代におけるシニアの働き方や生き方のデザインを考えていく上でシェアリングエコノミーこそ可能性があると考えています。

テクノロジーの力を活用することで働くシニアが増えれば、現役世代の働き方改革にもつながり、日本経済全体にも大きなプラスとなります。

ところがシニアの参加を前提としたシェアサービスは少なく、参入の障壁は高いままです。シェアワーカーを守る公的な制度も不十分なのが現状です。

現在、なぜ元気なシニアが働けないのか?それによる私たち現役世代への影響はどういうことが考えられるのか?未来へ向けての具体的な解決策は?テクノロジーはどのような役割を持つのか?未来のシニアである僕たちの新しい働き方には何が求められるのか?など、テクノロジーを活用したワークシェアをキーワードに、これから求められるシニアと現役世代のコーポラティブな働き方についてディスカッションするイベントを企画しました(イベント詳細下段)

クラウドソーシングを使って高齢者が働きやすい環境づくりに取り組む起業家、人間工学の知見から社会デザインを考える気鋭の研究者、官民の架け橋として高齢者が活躍する社会づくりを目指すロビイストがパネラーとして登壇。

《ご意見募集》 テクノロジーでシニアの 働き方が変わると世の中は? 

下記イベント開催にあたりCOMEMOユーザーのみなさんから意見を募集したいと思います。テクノロジーの進展、新たなサービスによってどのように働き方が変わると思いますか? 是非ご意見をお待ちしています。

イベント概要
主催  :COMEMO by NIKKEI
日時  :3月26日(火)19:30~21:30 (開場 19:00 開演19:30)
場所  :SENQ霞ヶ関(日土地ビル 2F)イベントスペース
参加費 : 一般 3,000円
人数  :50名
チケット申し込み
https://eventregist.com/e/comemo0326career
*facebookで参加するを押しても受付完了とはなりませんので、ご注意ください。チケット申し込みページでお申し込みください。

タイムテーブル
開場 19:00
開演 19:30
 トークセッション
 内閣官房シェアリングエコノミー伝道師 石山アンジュさん(モデレーター兼務)
 東京大学 先端科学技術研究センター 講師 檜山敦さん
 株式会社ランサーズ代表取締役 秋好陽介さん

交流会 21:00
終演     21:30

こんな方に特におすすめ!
・シニアを労働力に活用したいと考える企業の人事・労務担当者
・高齢化社会にマッチしたワークシェアライフを送りたい人
・今後のワークライフプランに悩むビジネスパーソン
・テクノロジーを使って働き方を変えたいと考えるサービス事業者

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31

石山アンジュ

シェアで世界平和。を本気で信じるロビイスト。PublicMeetsInnovation代表。#NewsPicks プロピッカー #WEEKLYOCHIAI レギュラーMC /拡張家族Cift 📩

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
1つ のマガジンに含まれています

コメント9件

ここでいう「シニア」というのが60代から70代前半と仮定すると、彼らは現役時代に既にインターネットを使って仕事をしており、その意味では、ITリテラシーはそこそこあるといっていいと思います。
ですので、テクノロジーの発展や普及により働き方が変わった(働くのに時間的場所的制約がなくなった)としても、それはシニア特有のことではなく、どの世代にも同じような恩恵はあるように思います。
強いて言うなら、シニア世代は上記仮定では、同時に介護世代でもあるので、介護離職や定年を機に介護に専念せざるを得なかった人が仕事を継続するという事例も増えるのかな、と。
むしろ、この世代が働かないのは、年金併給の場合に支給額が減額されると仕事をやめても額がもとに戻らない現行の年金制度とか、体力のあるうちにこれまでできなかったことをしたいとか、そういうことが理由のように思います。
私は59歳で、シニアORシニア予備軍です。今まで一度も転職もせず1つの会社でサラリーマンをしてきました。この年代になって見て思うのは、健康であるので体力的にも気力的にもまだまだ働けるということです。
来年度、定年を迎えますが、これからは人生100年時代で、人生二毛作をモットーに、まだまだ活躍したいと思います。
私はシェアリングエコノミーに興味があります。今までは大企業が情報を独占し、そのことで大企業が大きな利益を上げてきました。しかし、今はだれでもがモバイルで簡単に情報を入手し発信できる時代に変化してきています。その中で、より個人が活躍できる時代になっており、それがシェアリングエコノミ―という社会的経済的変化を生んでいると思うからです。
シェアリングエコノミーであれば、大きな資本がなくても起業ができますので、自分の興味や経験を活かせる分野でプラットフォームを作ってみたいと思います。また、自分の興味や経験を活かせるシェアリングエコノミーのプラットフォームを利用して大いに稼いでみたいと思います。
昨日、イベントが開催されました。僭越ながらレポートを書きましたので添付いたします。https://comemo.nikkei.com/n/n34a7f5a3f0e9?magazine_key=mb7af516ae320
shiroさんのレポートも添付させていただきます。https://note.mu/sora_michi_109/n/n2aa8e866c442
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。