企業は本当に勉強する学生が欲しいのか?

学生が勉強をしないのは、やはり日本の場合は勉強頑張ったことが就職活動の結果に結び付きにくいからではないでしょうか。

勉強一生懸命やるより、部活やバイト、サークル活動等に打ち込んでコミュニケーション能力磨いたほうがいい会社入れる傾向にありますからね。

とはいっても、今の学生は採用する側が学生の頃よりは明らかに勉強していると思いますが。

一方、採用する側は学生時代に勉強そっちのけで課外活動頑張っていた人の方が出世していたりしています。

少なくとも、私の学生時代の同期を見回した限りでは、就活のみならずその後の出世にも同様のことが言える気がします。

実際、大学の授業なんか必要最小限の努力にとどめ、自分の興味のあることに没頭し、楽しみながらユニークな体験をしていたやつのほうが出世してますもんね。

共通するのは、自分で考えて努力できる人間のような気がします。



この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?