見出し画像

果たして現在のハイテクバブルは、何合目あたりなんだろう。

やっぱり海外メディアからすると、ソフトバンクグループのウーバーへの投資の主語はサウジマネーになるんですね。

この記事の中でもソフトバンクとサウジマネーがほぼ同じものとして書かれてる印象なのが興味深いです。

まぁ、冷静にソフトバンクグループをファンドとして捉えると、ファンドの最終権限者はファンドマネージャーではなくお金を出してる人、という考え方なのかなと思います。
日本のメディアとの取り上げ方の違いが興味深いです。

ちなみに、ここで気になるのが、やはりハイテクバブルという言葉ですよね。
バブルは必ずいつか弾けるものだと思いますが、果たして今のユニコーン探しブームがすでにバブル化してて弾けるのが時間の問題なのか、これからウーバーの上場益とかでまだまだお金がまわってこれからさらに膨らむのか。
記事を見る限り、前者を想定してるみたいですが、ライブドアショックのように何かが引き金になるのかが気になるところです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んで、支援したいなと思っていただいたみなさん、このブログはブレストのための公開メモみたいなものですので、金銭的な支援よりは、いいねやスキボタンを押していただいたり、SNSでシェアしていただいた方が筆者は喜びます。 是非リアクションをお願いします。

わざわざ、すいません(汗)
19

徳力基彦(tokuriki)

ピースオブケイク noteプロデューサー/ブロガー。アジャイルメディア・ネットワーク アンバサダー/ブロガー。 ビジネスパーソンや企業の、ブログやソーシャルメディア活用の可能性を日々試行錯誤してます。 書籍「顧客視点の企業戦略」や「アルファブロガー」を書かせて頂きました。

徳力の最近のニュースメモ

平日に一日一本、気になったビジネス系のニュースに関する感想を呟いています。 独り言ですが、コメント・ご指摘歓迎します。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。