見出し画像

noteの投稿が電子書籍『リブラ』になった話〜出版社から編集者がやって来た〜1カ月半で本を書き上げといてね

8月上旬のとても暑かった頃に、日経COMEMOの企画で『リブラを私はこう評価』というテーマで意見を募集しているのが目に止まった。

ふぅん面白そうなテーマだなぁと、その時は気にも留めなかったのだが、なんとなく調べているうちに興味が湧いてきた。

リブラって、中世の貨幣単位だったなとか、通貨発行益を握ることをシニョレッジ=王様特権を得るというけれども、歴史家はどのように論じているのかなと、あまりリブラとは関係なさそうな論文を読み始める。

読んでみると色々な発見がある。忘れないうちにメモを投稿していく。たまたまドイツを旅していたのだが、ヨーロッパにいると夏の宵は日が長い。朽ち果てた城を巡りながら想いをめぐらせる。

3本ほどメモを投稿したあたりで、旧知の書籍編集者からメールが届いた。

「noteの投稿を膨らませて、電子書籍にしてみないか」と。

編集子から連絡が届いたのは、思い起こせば、日経文庫「電子マネーがわかる」を上梓して以来である。日経文庫の出版は2008年であったから、ビットコインの歴史と同じぐらい古い。

あえて金融の専門家に話を持ってゆかず、依頼がこちらに向かったのは、ニュートラルな視線でnoteを書き記している姿が興味を引いたからだという。

画像3

そこから執筆の日々が続く。来月までに書き上げてねと、依頼は軽やかである。日本に戻ってひと月あまり、飛騨に山籠りして書き物に専念する。時折、下山してイベントに顔を出しつつ、また山に帰って筆を進める。

季節が変わった頃に本が仕上がった。

画像1

世界共通のデジタル通貨は実現するのか――。フェイスブックが推進する仮想通貨の仕組み、ポテンシャルを中心に、競合が予想される中国などの中央銀行によるデジタル通貨、途上国の取り組みなど最新の動きを網羅。先進国での反発をよそに、デジタル通貨導入の動きが続いている。その背景には何があるのか。さらに権力の集中を嫌うコミュニティからは、オープンリブラなど新たな動きも。表面的な解説では見えてこなかったリブラと仮想通貨の世界を理解できる決定版。

これまで紙の書籍を執筆する際には、書き上げてから刊行まで半年ほどを費やして内容をチェックすることもあった。それが今回は一週間ほどである。先ずはリリースを優先すべきだと説得された。

だから、これはプルリクエストのようなものだと割り切っている。先人の知識体系にそぐわないことも多いだろう。だが、新しい事物を解明するなら、たたき台となるものは通念にとらわれないほうが良い。

金融のことは、金融業界の方のほうが詳しいのは言うまでもない。技術のことは、エンジニアの方に聞いた方がずっと正確である。近世の日本の経済史のことであれば、徳川さんが詳しいに決まっている。

そうした専門家のコメントを糧にして、また再び始動したらじっくりと書き改めて、この本もいつか紙媒体で出版できれば良いなと思いつつ。

今はただ、Kindle本の配信を楽しみに待つことにする。

画像2

noteが本になるとは、思ってもみなかった。

この記事が参加している募集

25

岡田仁志

国立情報学研究所准教授 ブロックチェーンが国家・社会・経済に及ぼす影響について研究しています。 最新刊『リブラ~可能性・脅威・信認』日本経済新聞出版社 Kindle版 2019/10/22刊行。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。