見出し画像

最後に僕たちの内に残るのは言葉だ

永遠に残るのは言葉だけだ

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル
(Sir Winston Leonard Spencer-Churchill)
1874年11月30日 - 1965年1月24日


彼は言わずと知れた元英国首相。
第二次大戦中活躍している。

彼は言葉を用いて
ドイツの空襲で挫けそうな英国国民を鼓舞した。

そして彼は後日回顧録を記し、
それがもとでノーベル文学賞も受賞している。

それほどに彼は、
今回紹介する言葉を信じる、
言葉のひとであったといえる。

基本的には私は、
直接お会いして話すのが好きだ。

その人の雰囲気や佇まい、目の動き、
体の動きなど非常に多くの情報を受け取れる。

でも実際に直接会える人というのはほんの一握りで、
それ以外の方というのは、
メールやメッセンジャーといった
文字を介したコミュニケーションに頼らざるを得ない。

一旦言葉に置き換え、
そして文字に変換した僕の気持ちや思いというは、
ある意味永遠に残る。

チャーチルが言うように、それは真実だと思う。

ただ、時代が進んだ今では、
言葉の他に映像も残るようになってきた。

とは言え、
言葉や文字で残っているものの方が、
ある意味純度が高い状態だと思っている。

そこには言葉だけで色々なものを
表現しようとする試みがあるからで、
試行錯誤や実験的な方法も取られる。

その代表的なものが、小説であったりするし、
noteに投稿される文章もそうです。

言葉ひとつで、
感動させたり、
憤らせたり、
楽しませたり。。。

自分から出て行った言葉たちは、
相手の中で相手の言葉となって留まるんだと思う。

結局のところ、
直接人と会うのも文章を読むのも言葉に触れるのも、
広い意味での対話なのだと思う。

人はすべてを知覚できないからこそ、
それを想像力で埋めながら相手と対峙して、
その相手の世界観を自分自身の中に再構築するのだと思っている。

だからこそ、
私は人の言葉に惹かれるのだと思っている。


#黒坂図書館 #黒坂宗久 #アゼルバイジャン #日本語図書寄贈 #海外 #40代の挑戦 #COMEMO #NIKKEI #note  #チャーチル #英国首相 #英国 #言葉の力 #対話 #情報量 #想像力 #カルチャー

------------------------------------------------------
お気軽に寄ってもらえたら黒坂喜びます 。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■黒坂図書館Web siteです。
http://kurosakalibrary.com/
■黒坂図書館のFacebook pageはこちらです。
https://www.facebook.com/kurosakalibrary/
■黒坂図書館のエッセンスを動画(約7分)で!
https://youtu.be/x9nTPiabLKU
■J-WAVEに出演した時の内容
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/come-together/2018/09/14-082037.html
------------------------------------------------------
■黒坂個人のFacebookはこちら
https://www.facebook.com/munehisa.kurosaka
■黒坂個人のTwitterはこちら
https://twitter.com/munehisa_k
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んでいただいたみなさん。 スキボタンを押したり、 SNSでシェアして頂けると本当に嬉しいです! 是非リアクションをお願いします!

恐縮です・・・
17

黒坂宗久(黒坂図書館代表)

74年神奈川生まれ。子供時代に科学雑誌「Newton」を読み、宇宙飛行士を志す(963人から230人に残るが落選)。日米で免疫学を研究、製薬企業5年、トムソン・ロイターで5年勤務。現在は製薬会社にデータを提供する仕事。サイエンスの気になるニュースも発信します!

My thought

2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。