見出し画像

書籍「ティッピングポイント」を軸にクチコミの構造を考えると、足りないものが見えてくる

おお、ニューバランスの鈴木さんが、カメラを止めるなの分析記事公開してる。

昨年のイベントでのプレゼンも分かりやすかったですが、クチコミの構造をマルコムグラッドウェルのティッピングポイントで考えるのは分かりやすく、改めてなるほどなと感動しました。

アンバサダープログラムに取り組む時も、構造的によくハマるのがここなんですよね。
あるプログラムは、予算はあり露出は確保できるんだけど、コアなファンがまだ少ないとか熱量が低く、かたやコアファンが多い会社なのにそれを広げるための手段や予算が不足してて拡がりが足りない、とか。

こうやって整理して全てのポイントが成り立ってるか、と点検するのはとても大事な気がします。
長瀬さんの熱量と同調率の話と合わせて、個人的な今年のメインテーマです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んで、支援したいなと思っていただいたみなさん、このブログはブレストのための公開メモみたいなものですので、金銭的な支援よりは、いいねやスキボタンを押していただいたり、SNSでシェアしていただいた方が筆者は喜びます。 是非リアクションをお願いします。

わざわざ、すいません(汗)
18
ピースオブケイク noteプロデューサー/ブロガー。アジャイルメディア・ネットワーク アンバサダー/ブロガー。 ビジネスパーソンや企業の、ブログやソーシャルメディア活用の可能性を日々試行錯誤してます。 書籍「顧客視点の企業戦略」や「アルファブロガー」を書かせて頂きました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。