見出し画像

「アマゾン銀行」への期待と不安

 「アマゾン銀行への期待と不安」というテーマでインタビューを受けました。

 2019年3月時点では、「アマゾン銀行」が実在するわけではありません。しかし、アマゾンをはじめとするグローバルなプラットフォーマーが銀行業に参入するというシナリオは、テクノロジーの進化に伴い、日々、現実味を帯びています。

 グローバルなプラットフォーマーが銀行業に参入する場合、必ずしも銀行免許を取得する必要があるわけではありません。特にアメリカでは、銀行や銀行の親会社は厳しい規制の対象となるため、銀行の免許を取得せずに送金や決済、融資などの個別のサービスを提供することで、「銀行に限りなく近い存在」となるシナリオが現実的です。

 プラットフォーマーは、伝統的な金融機関とは違って豊富なデータを持っています。そのため、個々人や中小企業に対して、これまでにない、テーラーメードできめ細かく便利な金融サービスを提供できる可能性があります。

 このような流れの中、アメリカ政府は昨年、フィンテック企業が銀行免許を取得しやすくしました。これは一般的には規制緩和と見られていますが、私自身はむしろ、銀行規制の網を広げるための動きだと捉えています。その理由について、インタビューの中で詳しく解説しました。

https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20190312-OYT8T50018/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
17
「誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」という想いから、プログラミングを一から学び起業。働く世代向けに全自動の資産運用サービス「WealthNavi」を提供中。財務省→マッキンゼー→ウェルスナビ。 著書に『これからの投資の思考法』(ダイヤモンド社)

こちらでもピックアップされています

Fintech- フィンテックに詳しくなるノート
Fintech- フィンテックに詳しくなるノート
  • 26本