新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「五輪中止なら円安」のアナロジー

新型コロナウイルスの感染拡大で、2020年東京五輪が中止・延期になるのではないか?と聞かれれば、少し前までは「中止や延期に追い込まれないよう、政府が政策総動員で感染拡大を阻止する」といった旨を回答していました。最近は正直、自信が無くなりつつあります。

質問も更に踏み込んで、東京五輪が中止になったら日本経済はどうなるのか?と聞かれるケースが増えてきました。それは良くないに決まっていますし、様々なシミュレーションが可能ではありますが、問題は金融市場の反応です。

国内での感染拡大が続々と報じられているにもかかわらず、日本の株価は高値圏で推移しており、為替レートは円安方向に動いています。過去の一般的な金融市場の反応は、景気の先行き不透明感が強まると、円高・株安が進行するというパターンでしたが、今回は様相が異なります。

円安と株安の同時進行で思い出される局面は、1990年代後半の日本の金融危機です。日本の大手金融機関の経営破たんが相次ぎ、日本の金融機関に対する信用不安からドルなどの外貨調達コストが高まった結果、円安が進行しました。

現在、日本の金融機関が深刻な信用リスクを抱えているわけではありません。しかしながら、金融市場の参加者は、過去の経験を現在に当てはめるアナロジー(類推)に頼りがちです。私自身もそうですが、アナロジーに頼りすぎて因果関係を軽視するケースも少なくありません。金融危機だから円安になった、だったはずが、円安は金融危機を織り込んでいる、という論理に転換されるというわけです。

もちろん、後者の可能性を完全に否定できるわけではありません。信用不安のきっかけが、電車の中の女子高生の会話だったケースもあります。いずれにせよ市場の関心は、今後、日本銀行を含めた金融当局の対応に向かう可能性があります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき有難うございました。 小難しい経済ニュースをより身近に感じて頂けるよう、これからも投稿してまいります。 毎週火曜日の朝に、記事を投稿しております。

ありがとうございます!
28
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 景気循環研究所シニアエコノミスト。日本経済の分析・予測を担当しています。

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 14316本

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、良い投稿については、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメント (2)
異次元の金融緩和以外、効果がどこにあるか分からなかった安倍政権の経済運営をみると(現在、国会質疑で残されたままの疑惑を考えないとしても)、今後の施策には全く信頼がもてません。結局は財界へのお願いと公共投資しか浮かばない安倍さんの時代に、ついに景気ショックが訪れる。すべては有権者の責任ですが、本当にやめてほしいです。
この度は私の写真を使用いただき、ありがとうございます(あえて夕暮れのTOKYO2020を撮影しました)。よろしくお願いします。
実際、それがそうなったら壊滅的です。たぶんそれはしない。しない、というのは社会の各個人が、そう決めることです。1億数千万人が「付和雷同」するなら、負の連鎖要因でそうなってしまう。また話のそれを好む国民性も相乗する。コロナウイルス同様、騒ぎすぎないことです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。