見出し画像

ネットフリックスが広告付き配信へ?

「ネットフリックスやアマゾン、Huluの有料サービスに全て加入すると月額の費用は30ドルを超える。価格に敏感な消費者は、広告つきサービスを新たな選択肢として考えている」とXumoのCEOのColin Petrie-Norrisは述べた。
大な数のオリジナルコンテンツを製作するネットフリックスは、オリジナル比率を50%にまで高めるため、今後200億ドル近くを投資すると見られる。
同社は先日、月額費用を11ドルから13ドルに値上げしたが、今後もネットフリックスが現在のポジションを守りきれるかどうかは定かではない。

ユーザーがコンテンツに支払える金額の限界が近づいている。そこでコンテンツ提供者には差別化が求められており、それがオリジナルコンテンツの投入。そのためにはお金が必要。そのお金を賄うためには課金金額を上げる必要がある。このジレンマに陥っている。

だから、ユーザーにこれ以上の金銭負担なく、コンテンツを楽しんでもらってユーザー離れを起こさず事業拡大するためには、ユーザー課金以外の別な収益源が必要であり、それが広告収入という流れですね。

根本的な話であり、これは不可避だと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!モチベーションが上がっております!
13
広告をはじめとするマネタイズをやっています。スマートニュース株式会社。はてな副社長→kamado社長→ミクシィ取締役(買収に伴い)→スマートニュース執行役員。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。