新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

幸せの伝染、不幸の伝染

コロナウイルスの拡散はすさまじい。
世界中を短期間に全く違う社会にしてしまった。

よく知られていることであるが、今回のウイルスは、感染しても発症しないことが多く、発症する時も潜伏期間が長い。このために知らないうちに急速に拡大していくという特徴がある。

ここで、最近、一つの対応関係に気づいた。

我々は過去10年を超えて、幸せや不幸に関するデータを収集してきたのだが、それによれば、不幸は今回のコロナウイルスに似ているのである。

まず、不幸をもたらす行動は、人との関わりの中で相手に感染するのである。ここでいう、不幸をもたらす行動とは、相手のストレスを上げ、抑うつ傾向を高めるような行動である。

既にデータから、そのような具体行動が見つかっている。例えば、会話の場で、発言権を一人で独占したり、反対に全く無言で発言しないことである。さらに、必要な時に、5分程度の短い質問や確認を行う事を相手に許さない一方で、週次の定例会議は長時間続けることである。このような行動にさらされると、人はストレスを高め、抑うつ傾向が高まる恐れがある。

このような行動は、関わり合う人の行動にもある確率で影響を与える。そしてこれを通じて、さらに他に人に伝染する。このようにして、不幸をもたらす行動因子は、(確率的に)伝染し、拡散していくのである。すなわち組織に蔓延し、風土になる。これは、コロナウイルスの感染拡大に似ているのである。

しかし、コロナウイルスと不幸には大きな違いがある。

それは、不幸だけでなく、幸せや幸せをもたらす行動も、人から人へ伝染し、拡散することである。

ここで、幸せをもたらす行動とは、例えば、会話の場で、参加者の発言権が偏らないよう配慮したり、相手が疑問や確認したいことがある時には、短い質問や確認を遠慮無くいつでも行う事を相手に許すことである。

従って、この世界は、不幸をもたらす行動と幸せをもたらす行動とが混在し、混じり合い、拡散することで成り立っているのである。この相克によって、幸せは決まっているのである。あたかも、善玉のウイルスと悪玉のウイルスがいて、両者が伝染し拡散しあっている世界である。

我々は、このコロナウイルスとの闘いに勝たねばならない。
しかし、闘いはそこでは終わらない。

ある意味でもっと大事なのは、幸せをもたらす行動が、不幸をもたらす行動との闘いにおいて勝利をおさめることである。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをしていただきありがとうございます!
41
AIと人間社会行動や幸せについて研究しています。これがAIと合わさって大きなな変化をもたらすと考えています。著書『データの見えざる手:ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』http://amzn.to/1mgfZHF http://bit.ly/Unmhs6

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 7315本

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメント (1)
朝から気持ちの良い投稿を読ませていただきました。人の心身の分析もサラリとあり、目から鱗が落ちるような気持ちよさ。この投稿の中に どんな時代になっても大切なことが込めらえていると思います。有難うございました。支えになります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。