今から学び、行動すべき

公的年金が無くなることは、決してない。年金保険料を支払う現役世代がいなくなること無い限り。

でも、今の子供たちが働き盛りの現役のとき。支払う年金保険料はたぶん上がっているでしょう。そして、今の現役へ年金が支給される将来に支給される年金がたぶん下がっているでしょう。

その未来は必ず訪れる。自分が健康に生活できている限り。

そのことがわかっている女性や若者たちが、投資について「何もわからない」と言いながらも、学ぶこと、そして、行動していることは心強いです。

ただ、一方、「年金が無くなる」「ならば、俺は年金保険料なんて払わねー」と何もしない人たちもいる。必ず訪れる未来に直視しない者と直視する者の将来の格差は大きく乖離していることでしょう。

そのとき、その乖離を取り戻すことは難しい。

でも、その乖離を少なくすることはできます。今から学び、行動すれば。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。