見出し画像

Netflix日本アニメ紹介番組への違和感

 8月5日より、Netflixで「アニメ世界への扉」と題したドキュメンタリー番組の配信が始まりました。
 ここ数年、Netflixでの配信を目的に製作されている「Netflixオリジナルアニメ」の魅力を紹介するものです。『アグレッシブ烈子』や『ULTRAMAN』、『ケンガンアシュラ』、『悪魔城ドラキュラ ーキャッスルヴァニアー』といった「Netflixオリジナルアニメ」のヒット作、これからの目玉が次々に登場します。
 出演者も豪華。神山健治、荒牧伸志、瀬下寛之、岸誠二、ラレコといった有名監督や音楽アーティスト高橋洋子、さらにプロデユーサー陣が作品やアニメについて語ります。
 これは必見!と、早速視聴してみました。

 なのですが……。最初から最後までむずむずしっぱなし、というのが正直な感想です。
 ひとつは映像演出にあります。作品紹介やインタビューの途中に、ザッピングやスクラッチを意識したノイズが意図的に多用されているのです。ミュージックビデオやゲームムービーなどでよく用いられる手法です。出演者たちの言葉をよりたっぷり聞きたいと思ったので、ちょっと残念です。
 番組は日本に住むディープなアニメファンでなく、世界の若い世代、音楽やゲーム好きをターゲットにしているのでしょう。Netflixでアニメに少し興味を持ったポップカルチャー好きにアニメをもっと観てもらいたい。それが番組の狙いです。であれば煌びやかで、切り替えの多い映像も理解できます。

 ただ番組が日本アニメのイントロダクションになったかも、少々疑問です。全体にアニメそのものより、奇妙なカルチャーの国「日本」に住む奇妙な人たちと、それに魅せられた奇妙な外国人が作っている不思議な世界との視点です。
 「アニメなんて全然知らない!」と公言するナビゲーターには確かにそう見えるのでしょう。しかし世界的なヒット作『ソードアートオンライン』や『僕のヒーローアカデミア』、Netflixであれば『アグレッシブ烈子』や『Devilman crybaby』を支持したアニメファンは、奇妙な日本カルチャーを期待して、それを楽しんだのでしょうか。
 もちろん日本的なシーンは数多く出てきます。しかし作品の魅力はそこではないはずです。むしろ外見のカルチャーが異なりながら国境を越えて支持されることが、現在の日本アニメシーンの謎であり、強さの秘密です。

 「秋葉原」や「渋谷のスクランブル交差点」「カラフルな髪の奇妙なファッションの女の子たち」……。
 それは一昔前のステレオタイプな日本カルチャーの見方でないかと思いました。

 Netflixの番組づくりの方向性のひとつに「ローカルtoローカル」があります。ハリウッドメジャーなど従来の米国企業は、米国で製作した番組を米国の配給網を使って世界に広げていきました。米国を頂点に、垂直的に落としていく構造です。
 これに対してNetflixは、優れた作品は世界中にあるとして世界各地で製作された作品をインターネットを使って世界中に広げていきます。クモの巣状のネットワークです。
 これが大成功をしました。Netflixの番組が豊かで面白い理由です。日本アニメもこの世界に通用するローカルコンテンツのひとつなのです。

 しかし「アニメ世界への扉」にはそうしたグローバリズムは感じられません。自分たち(北米に住む私たち)と違う、奇妙なカルチャーとしてアニメを扱っているように見えます。それは従来の「ハリウッド→世界」にカルチャーを広げると基本的な部分で変わりません。
 そして何よりの疑問はこの番組を観た人たちのどのくらいの人が、この後に『アグレッシブ烈子』、『ULTRAMAN』、『ケンガンアシュラ』を観るのだろうかです。視聴者が求めているのは、奇妙な日本ではなく、作品そのもののはずです。
 Netflixは日本アニメの世界普及にも大きな役割を果たし、アニメビジネスの中でもビッグプレイヤーに育ちつつあります。そのNetflixでもこの地点。「アニメ世界への扉」は日本アニメの世界普及にはまだまだハードルは多いという気持ちをあらためて感じさせるものでした。

「アニメ世界への扉」
https://www.netflix.com/jp/title/81143771

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

28

数土 直志(すど・ただし)

ジャーナリスト。アニメーションを中心にエンタテイメント産業について、見て、聴いて、そして伝えています!

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。