見出し画像

「2000万円報告書」に揺れない国づくり

すっかり話題になってしまった「2000万円報告書」ですが、多くの方が指摘されている通り、国民が一律に2000万円分老後資金が足りなくなるということではありません。老後に至るまでの収支バランスや貯蓄の額が家計によって大きく異なることは想像に難くないはずです。

しかしこれだけ話題になるのはお金への関心の高さとともに、それに対する迷いが背景にあると考えています。金融業界関係者ではなく、消費者または一般市民への金融教育の必要性は近著でも言及しています。

ただ金融教育は難しいという先入観を持たれる方が多いかもしれません。ましてや子供に教えるとなるとさらにハードルが上がるように感じる方もいらっしゃることでしょう。しかしそれを身近なものに捉えられるように、と活動している団体「フィナンシェの会」の会合に最近お邪魔しました。

フィナンシェというと焼き菓子を思い起こされると思いますが、その語源は金融家を意味するフランス語です。フィナンシェと一口にいっても最近はいろいろな形がありますが、伝統的な台形のものが色・形とも金塊に似ているからという一説があります。会合では焼き菓子のフィナンシェをつまみながら、活動に関する検討を進めていました。

今のところ、外部公表されている活動にはフィナンシェ・タイムズという季刊誌の発行があります。その第1号を上記のリンクからも見ることができますが、その最初のコラムのタイトルは「『お金の4つの使い方』を知っていますか?」です。おそらくそのうち2つは多くの方はすぐ分かると思いますが、残りの2つが何なのか、ぜひ上記のリンクで確認してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
17
日本サステナブル投資フォーラム運営委員 青山学院大学非常勤講師 近著に『ビジネスパーソンのためのESGの教科書 英国の戦略に学べ』 ※執筆者の個人的見解であり、日本総合研究所の公式見解を示すものではありません。

コメント1件

お金の4つの使い方ですが、投資と寄付はまとめて、「お金を世の中に回す」という使い方として考える方が良いのではないかと思っています。投資と言うと「増やす」ことが第一の目的と考える人が多いと思いますが、「お金を必要とする企業に回す」とうことが本来の目的で、その結果として、お金が増えて戻ってくるというものではないでしょうか。寄付も「お金を必要とする人に回す」ことによって、社会全体が明るく、幸せになるという無形のリターンが得られるもの。投資と寄付は同じです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。