見出し画像

G20大阪サミットに向け、SDGs主要課題に日本がリーダーシップ発揮

昨日開催された持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合で、「拡大版SDGsアクションプラン2019」を決定した。その内容は、G20大阪サミットを意識したものが盛り込まれている。

その中で、医療・健康分野では、エイズやマラリアなどの感染病患者を100万人救うことや130万人の子どもたちにワクチン接種を実施することなどに、日本から約4300億円の財政支援を出すこととした。

行動目標だけでなく財政措置も合わせてセットしたことで、具体性と現実味を帯びる。

ただ、この記事が、「拡大版SDGsアクションプラン2019」について取り上げたほぼ唯一の記事であるようだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
11

土居 丈朗(慶應義塾大学経済学部教授)

東京財団政策研究所上席研究員を兼務。近著『入門|財政学』日本評論社刊/ 東洋経済ONLINE「岐路に立つ日本の財政」http://j.mp/TYKOLTD / Yahoo!ニュース個人「経済財政の核心に迫る」http://j.mp/Ytdoi

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。