見出し画像

あの日の小学生が、高校生に。あの日の中学生が、ママに。

東日本大震災直後から、岩手県陸前高田市に通わせてもらっている。

写真は2011年3月、高台から見つめた市街地だ。ここにどんな建物があって、どんな営みがあったのか、この光景だけでは想像することも困難だった。

あれから8年。先日、市内の中学校の卒業式にお邪魔してきた。この日の卒業生は、2011年3月11日、小学校1年生だった子どもたちだ。

米崎小学校の校庭に作られた仮設住宅で出会った、佐藤あかりちゃん。

2011年末、仮設住宅の中庭でのお餅つき。左から二番目があかりちゃん。

3年前、小学校卒業式の日、同じ仮設住宅の中庭にて。

今年の3月14日、高田東中学校の卒業式。あかりちゃんの足に注目…!

あかりちゃんは小学生の頃から、よく年下の面倒を見る子だった。ある時、大雨で仮設住宅の方々が避難所に集まったときは、率先して毛布や物資を配っていた。

たくましく育ったね。でもふと悲しくなったり、羽を休めたくなったとき、ほっと一息つける場所を、私たち大人たちも築いていくね。

そして岩手県の沿岸の街をさらに北上した大槌町吉里吉里では、釜石望鈴ちゃんにお世話になってきた。東日本大震災当時は中学2年生、私が出会ったのは高校に入学後だった。

大槌町にて。更地となってしまった場所に咲き誇るコスモスの花と共に。当時、望鈴ちゃんは高校生。

そして、今年の3月10日、彼女はお母さんになった。

変わりゆく街の記録を続けてきた彼女は今度、新しい命にシャッターを切りながら、どんな瞬間を重ねていくのだろう。

8年という月日を噛み締めながら、ファインダー越しに二人を見つめた。望鈴ちゃん、赤ちゃんのこれからが、少しでも穏やかでありますように、と。

岩手県沿岸の復興の歩みは街によってもばらつきがある。ただどの街も、全ての人たちが「日常」を取り戻す日はまだ遠いように思う。だからこそ見つめていきたい。彼ら、彼女たちが安心して大人になり、安心して自身の子どもたちを育てられるようになる、「これから」を。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
39
フォトジャーナリスト。国内外で貧困、難民問題の取材を続ける。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。J-WAVE「JAM THE WORLD」水曜日ニューススーパーバイザー。TBS「サンデーモーニング」コメンテーター。 https://d4p.world/

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 14315本

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、良い投稿については、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。