見出し画像

ジャーナリストの死と、ジャーナリズムの沈黙

 国境なき記者団によると、昨年2018年に亡くなった記者は把握されているだけでも80人にのぼるという。戦闘や事故に巻き込まれた人々だけではなく、暴力や迫害によって亡くなったケースがとりわけ増えた年だったことが指摘されている。

 かつてバングラデシュで記者として活躍し、日本に難民として逃れてきたカビールさんを取材させてもらったことがある。彼は過激派組織の実態に問題提起を続けたこにより、殺害を予告する手紙が届くようになったため、警察に保護を求めた。ところが警察の汚職を摘発する記事を書くと、その警備がぴたりと止まったのだ。

 恐らくカビールさんのように命がけで取材を続け、生死のはざますれすれで発信を続けている記者たちが、世界の至るところで孤独な闘いを続けているのだろう。

 2017年、「パナマ文書」の問題を報道していた女性記者ダフネ・カルアナガリチアさんが、地中海の島国マルタで爆弾で殺害される事件が起きた。その直後、「産経抄」に掲載された記事を読みながら、なんとも言えない気持ちがこみ上げてきた。

 以下、本文からの抜粋だ。 

 日本の新聞記者でよかった、と思わずにはいられない。地中海の島国マルタで、地元の女性記者が殺害された。(中略)マルタとはどれほど恐ろしい国か。
 今年4月に発表された「報道の自由度ランキング」では47位、なんと72位の日本よりはるかに上位だった。ランキングを作ったのは、パリに本部を置く国際ジャーナリスト組織である。日本に対する強い偏見がうかがえる。一部の日本人による日本の評判を落とすための活動が、さらにそれを助長する。

 悼むでもなく、ジャーナリストへの迫害に声をあげるでもなく、安全なところから「日本の記者でよかった」とつぶやき、報道の自由度ランキングにただ「日本の評判を落とす」と怒りをあらわにすることで、何を生み出そうとしているのか、その意図をくみ取ることができなかった。

 対照的だったのはAP通信から配信されたこの記事だ。

 この記事の中で「Journalism colleagues」(ジャーナリズムの同僚)という言葉が使われていた。例え社が違っても、活動している国が別であっても、ジャーナリズムに携わる者としての姿勢を問われたように思う。

 昨年でいえば記者証を取り上げられたCNNがトランプ氏に起こした訴訟に対し、CNNの競合であり、政治的主張は異なることが多いFOXニュースなども支持を表明している。

 「ジャーナリストの死」に背を向け続ければ、行きつく先は”沈黙”という「ジャーナリズムの死」のはずだ。こうした権力側の動きに対し、日本でも、会社や思想の壁を超え、広く「ジャーナリズム」として連帯できるかが今、問われている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
100
フォトジャーナリスト。国内外で貧困、難民問題の取材を続ける。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。J-WAVE「JAM THE WORLD」水曜日ニューススーパーバイザー。TBS「サンデーモーニング」コメンテーター。 https://d4p.world/

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 14315本

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、良い投稿については、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。