見出し画像

「まずは複業で」がキーワード!複業が創り出す新たなキャリア形成の中間点

日経COMEMO/KOLの大林です。複業マッチングプラットフォーム「Another works」を運営しています。複業事業を展開する中で、キャリア選択の一つとして複業を始める人と多く出会うようになりました。コロナによって個人の働き方は180度変わり、自身のキャリアを見直す方も多くいると思います。キャリア選択の中でも「転職」と「独立」は意思決定の重要性と及ぼす環境変化が非常に大きく、悩む方が多いですよね。私も転職と独立(起業)を経験しました。様々なリスクを念頭に入れた上で意思決定をするのでストレスフルな状態で息苦しくなる瞬間が多くあったと記憶しています(共感してくれる方いると嬉しい...)

転職活動も入社受け入れも歓迎会もオンラインな時代

転職や独立を考える中、こんな心の声が聞こえてきませんか?

「転職先で馴染めなかったらどうしよう・・」
「思ってた組織風土と違ったらどうしよう・・」
「リモート組織に転職で入っていける自信がない・・」
「独立して収入が無くなったら生活できないんじゃないか・・」
「独立したいけど自分に市場価値なんであるのかな・・」

意思決定の重要度合と環境変化は比例すると思います。上記の感情は誰しも抱いて当然だと思います。
ましてポストコロナ時代において見ず知らずの環境に飛び込む難易度は跳ね上がりました。転職であれば、転職先がリモート中心の場合、受け入れ側もオンボーディングの最適解が出ていないのでお互い大変ですよね

また、転職活動も完全リモート、歓迎会もリモート、という時代にも近づいており、高いコミュニケーション能力と積極性が求められる難しい時代になってきたと思っています。

2021年の採用キーワード「まずは複業で」

そこで重要なキーワードは「複業」です。複業は大きく自分の環境を変えることなく本来やりたかったことに挑戦することができるキャリア形成の味方と言えます。例えば、平日の日中は本業に集中し、平日の朝夜や土日に複業先に関わる、などといったキャリアのデザインを自分で描くことが可能なのです。

ここでポイントなのが、大きく今の環境を変えずに挑戦できる点です。転職や独立を考えている方は「まずは複業で」今の環境から新しい環境に徐々に移行してみることをオススメします。
まずは複業でライトな形で転職候補先にジョインしてみたり、独立する前の腕試しとして企業の案件を受けてみたり、ある意味複業をキャリアチェンジの「中間点」だと認識すると良いかもしれませんね。

転職においては、受け入れる側の企業も「まずは複業で」仲間になってもらい、カルチャーに馴染んだ上で正式に参画してもらった方が採用ミスマッチのリスクも軽減するので良い場合もあります。

複業研究家の西村創一朗さんも、「複業」によって「なめらかな転職」が可能になると提言しています。

独立においても、「まずは複業で」プレ独立した方が案件獲得の方法を学べたり、自身の市場価値を認識できたりとプラスに働くことがあります。

今までの転職活動や独立準備の中に「複業」という選択肢を入れてみると、一気に心理的なハードルが下がると思います。2021年に大きなキャリアの意思決定を考えている方は是非です!

最後に

まずは複業でやってみて、「〜〜〜だったらどうしよう」という負の感情やマイナスな環境変化のリスクを軽減し、良い精神衛生で自分らしい生活をして欲しいと心から願っています。

複業の始め方、マインド、報酬の決め方・考え方などはこれからnoteで発信していきます。Twitterでも発信しています!アカウントはこちら

最後に告知になりますが、私の会社で運営する複業マッチングプラットフォーム「Another works」では、登録料無料で誰しもが複業したい時に複業できるサービスです。企業からの複業オファーも日々飛び交っているので機会を最大化してください!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
36
株式会社Another works代表取締役。複業マッチングプラットフォーム「Another works( https://aw-anotherworks.com/ )」を立ち上げる。以前は株式会社ビズリーチでM&A領域の新規事業立ち上げ。趣味は映画とラップ。