見出し画像

史上初の景気後退下での消費増税の可能性

8月の有効求人倍率が横ばいになったことで、月曜日に公表される8月景気動向指数の一致ciの低下が確定しました。

これにより、基調判断が4ヶ月ぶりの「悪化」に転じるのは確実でしょう。

消費増税直後ですから、実際にそうなったら、臨時国会で結構騒ぎになりますね。

9月短観の大企業製造業業況判断指数も3期連続悪化でしたし、今回の消費増税は史上初めて景気後退下での実施となりそうです。

日本以外が金融・財政政策に前向きになるなかで、正気の沙汰ではないように思います。

安倍首相は所信表明で「大胆な減税」とおっしゃっていましたが、消費税とトータルで考えれば、家計は恒久的に年2.5兆円の負担増になるんですけどね。

まあ、追加対策は不可避となるでしょう。補正予算も決まりだと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

永濱利廣(第一生命経済研究所首席エコノミスト)

第一生命経済研究所経済調査部首席エコノミスト。あしぎん総合研究所客員研究員、跡見学園女子大学マネジメント学部非常勤講師を兼務。総務省消費統計研究会委員、景気循環学会理事。専門は経済統計、マクロ経済分析。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。