見出し画像

悪い姿勢をしてください ~ 一言切り抜きfrom日経#196

普通、健康関連の記事というと、ふんわり目の言葉が多いのに、なかなかパンクな言葉が載っていた。

先週の日経朝刊、「元気の処方箋」のコーナーより、一言切り抜き。

名称未設定.001

普通と逆を言われると、おっ、となる。例に漏れず、おっ、となった。全文のリンクを貼り付けたいが、見つけられず。日経電子版にまだアップされてないかもしれない。全文は添付できないが、こちらの記事。

画像2

背筋がピーンの伸びているのが良い姿勢。というのが通説だが、元気でいる為には悪いとされるような楽な姿勢も必要ということ。

「肩こりや腰痛を訴える患者さんの中で非常に姿勢のいい人がいる」「良い姿勢でいると疲れる」「逆に悪い姿勢は筋肉を緩められる」という文が垣間見えるだろう。

同じ日経でも、普通は背筋を伸ばすのが良いという記事が多い。例えば、

その中でのこの記事だから、痛快であるというか、面白い。

僕も実際、姿勢がいいかというと、良くはない。なぜなら、アイデアを考えるのに、いつもピン!とした姿勢で考えても、いいアイデアが出てこないと思うからだ。

いろんな人が考えているシーンを思い浮かべてみて欲しい。

事務作業はともかく、ピーンとした姿勢で、前例のない新しいことを考えられるだろうか、、僕はできない。

学校教育でも、新しい発想ができる子供を育てたいなら、ピシッとダラ〜、の両方の姿勢を教える、というか、受容すべきだろう。

そして、これは、世の中のことは、全て、簡単に、良し悪しが測れないという事例の1つで、そこがまたいい。

負けるが勝ち。損して得取る。カッコつけない方がかっこいい。etc.

通説と逆の、マイナスがプラスを生む世の中の深さ。味わい。

そこを色々と知ってみたいものだ。

言ってみればそれは東洋のコンセプト「陽と陰」についてであり、ちょうど僕も勉強中。昨日読んで面白かったから皆さんにおススメ。僕は次、陰の方を読みます。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!
23
Creative Project Director 倉成英俊が、日経新聞からグッと来た一言を、切り抜いてアップしているプロジェクトです。(日経comemoというnoteのコーナーです) 倉成英俊- https://www.creative-project-base.com/