見出し画像

店が多すぎて、もうからない!(2019.06.12)

おはようございます。コンテンツマーケティング担当の森下です。こよなく愛するプロ野球チームの調子がなかなか上がらず、テコ入れ策で頭がいっぱいです。私がいくら考えたってしょうがないのですが、そうせずにはいられないのがファンというものです。

さて、けさの日経朝刊1面トップは、国内の小売りの店舗数が減っているというニュースです。「そういえばあそこもつぶれちゃったなぁ」なんてお店、みなさんの近所にもあるかもしれませんね。ポイントをチェックしましょう。

Morning Briefingとは
その日の朝、読んでほしいニュースの要点を簡単に要約したもの

成長を支えた店舗、いまやお荷物に

◆キーワード
不採算店舗

◆ニュースはなに?
国内にあるコンビニ、スーパー、百貨店などの店舗数が2018年末と比べて1%減った。右肩上がりで増えてきたコンビニも出店が鈍っている。これまでも個人経営など小さな店は減ってきていたが、ここへきて大手も店舗を減らし始めた。

◆気になるポイント
店舗が減る理由はふたつ。日本の人口が減っていることとネット通販が広がっていることです。ただでさえお客さんが減っているのに、そのお客さんがネットでモノを買うようになれば、店がもうからなくなるのは当たり前ですね。
しかもこのふたつ、逆戻りしません。これまで成長の原動力だった店舗が、だんだん経営の足を引っ張るようになってきたのです。もうからない店=不採算店舗をそのままにしておくと損がふくらんでしまうので、閉店したり、出店を絞ったりしているわけです。
一方で興味深いのは、この流れをつくった「張本人」のひとり、Amazonが自前の店舗を持ち始めたことです。リアルな店舗の強みを一番わかっているのは、実はネット通販の王者なのかもしれません。未来の買い物の姿がどうなっているのか、いち消費者として私も楽しみです。

◆あわせて読みたい

コンビニも稼げなくなってきています
Amazonの店舗はここがすごい


創刊140年、noteでは新人のNIKKEIです。励みにがんばります!
36

NIKKEIスタッフ

日本経済新聞社のスタッフによるアカウントです。 日経の各種サービスについての情報や、ニュースを皆さんに送り届ける裏側を、中の人としてお伝えしていきます。ニュースはこちらから。https://www.nikkei.com/

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
3つ のマガジンに含まれています

コメント2件

PC&ITが世の中に出て数十年。リアル店舗やネットショップもですが、もう一つ。3Dプリンターを含む 個人が自分で作り上げ、「購入」自体が減ってきている分野もあると思います。「餅は餅屋」。この言葉も分野によると危ういかもしれません。
コメントありがとうございます!日経の森下です。
自分でつくったりシェアしたりが広がると、店でモノを買う機会はさらに減っていく可能性がありますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。