見出し画像

天職だと感じるのは、水を飲むのように当たり前にできるから

花輪陽子(シンガポール在住FP、経営者)

シンガポール在住、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。

私が天職だと感じるのは、書くこと×マネー×マイペースなキャラクターの組み合わせ。この3つに関しては朝起きて水を飲んだり歯磨きをするくらい自然にできます。また、英語で海外であったり、お客様が外国人であったりして、ハンディーがあってもなんとか対応できるからです。

仕事を通じて夢を叶えられたエピソード

私はリーマンショックの際に勤めていた外資系投資銀行をリストラされました。しかし、そこから1年以内にファイナンシャル・プランナーの最上級資格を取得し、処女作を出版して本がベストセラーになりました。テレビや雑誌などにも取り上げられ、高速道路に乗ったような上昇気流を感じました。

2015年から夫の転勤を機にシンガポールに活動拠点を移すことになります。しかし、そちらでも法人を作り、自分のやりたいこと、貫きたいことを継続させました。

海外に来た後はコンテンツをシンガポールのことにしたり、シンガポールに住んでいる世界3大投資家のジム・ロジャーズ氏の書籍を手がけるお手伝いをしたりと仕事をややずらしながらも継続させています。

ドリームキラーもいますが、それでも好きで得意なことを貫けば誰も止めることなどできません。何か言う人や妨害をする人がいてもスルーをするか戦えばよいのです。悪戦苦闘をするうちに次第に自分がより自由に強固に活動ができる地位を築いていきました。今となれば感謝をしているほどです。

自分の個性や特性を生かして、仕事でよい結果を残せたエピソード

私は粘り強い性格なので、違う国の人とも仕事の契約面で交渉をしたり、壁にぶつかってもなんとか乗り越えられるように方法を考えます。一つ一つの困難をゲーム感覚で考えると、経験値が獲得できるのかなと感じます。辛かったこと、困難も後で振り返ると会話のネタの一つになります。

仕事への愛やこだわりを、徹底的に語るもの

お金よりも信用、時間、経験などを重視するようにしてきました。また、自分の内側からわいてくるモチベーションを大切にして行動をしてきました。無償だったとしても面白そうならやってみる、急な話でもできそうなら引き受ける、困っている人がいて自分がすぐに手助けできそうなら手を差し伸べるなど。

同じことの繰り返しだと飽きてしまうので、英語で海外の新しいコンテンツなど困難が伴う方が刺激があると感じます。

豊かな時代を生きる子供達に関しても自分が好きで得意なことを見つけてほしいと思います。そうでないと、困難が起きた時に乗り越えられないから。自分がこだわれるもの、執着できることを時間をかけて徹底的に探して欲しいと思います。

#天職だと感じた瞬間

この記事が参加している募集

天職だと感じた瞬間

with 日本経済新聞

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
花輪陽子(シンガポール在住FP、経営者)

日本とシンガポールでのマネー勉強会、youtubeチャンネル、「海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイト」の経費などに使わせていただきます。 https://100mylifeplan.com

花輪陽子(シンガポール在住FP、経営者)
シンガポール企業の経営者。外資系投資銀行を経てFPに。『シンガポールで見た日本の未来理想図』など著書『ホンマでっか⁈TV』等TV出演多数。http://yokohanawa.com/ 海外での資産運用や独立起業について。https://100mylifeplan.com