見出し画像

「恋愛は10代のうちにしておいたほうがいい」という不都合な事実

毎度、知らなくてもいい「不都合な事実」をお知らせしておりますが、今回は知ったところで「もう遅い」と言われるかもしれない内容です。

全体的な未婚化・晩婚化の中で、こんな記事を発見しました。この記事によれば、「10代後半~20代前半の男女の間で、25歳前後での結婚を希望する人が増えている」とあります。しかし、内容を読んだ上でも、どこにもその根拠となるエビデンスは書いてありませんでした。数名の定性調査による聞き取り結果はエビデンスにはなりえないことは言うまでもありません。

これを読むと、若者だけは結婚意欲があがっているかの印象を与えてしまいがちですが、「結婚願望」と「実際に結婚する」とは違います。

出生動向基本調査から、20-24歳を抽出して、「1年以内に結婚したい」「 理想の相手ならしてもよい」という結婚に前向きな比率推移を見ても、男性は2002年を底にして若干あがっていますが、それでも全体として大きく上昇しているわけでもなければ、30年前の1987年の水準にも達していません。女性に至っては、むしろ近年下降気味です。

画像2

対象を、18~34歳に拡大しても同様で、いわば「30年前も今も若者の結婚意欲は変わっていない」のです。草食化も肉食化もしていない。結婚に前のめりなのは、いつの時代も男の4割、女の5割程度なのです。

それでも、「20-24歳の男性の結婚願望は増えているじゃないか」と食い下がる人もいるかもしれません。なるほどですね。では、もっと身も蓋もない話をすれば、20-30代の未婚男女の人口差は男の方が約150万人も多い「男余り」です。結婚願望のある男が数%増えようが、マクロでみれば、150万人の男には相手がいないので不可能です。ご愁傷様です。

願望や意思だけで結婚ができるはずがありません。現実は現実です。

結果として1980年代まで皆婚だったのは、そうした個人の意思の問題ではなく、お見合いや職場婚という社会的お膳立てシステムのおかけであって、社会環境の変化の問題なのです。

要するに「若者が早婚を希望しはじめた」などという論説は出鱈目です。そしてそう言うのが一般人なら、それは本人が無知であるというだけの問題で済みますが、専門家を名乗る人間がいうのは、いかがなものかと思います。


さて、その上で、本題に入りたいのですが、結婚の社会的お膳立てシステムが崩壊した現代、未婚と既婚を分ける分岐点とは、なんでしょうか?

もはやお見合い結婚が2%程度まで激減し、職場恋愛もセクハラ扱いを受けるリスクから激減しています。社会人になってから、結婚相手と出会い、恋愛し、結婚するという「昭和の結婚すごろく」はとうの昔に消滅しました。


しかし、たとえば、女性に限っていえば、平均初婚年齢がほぼ30歳に近いといっても、実は初婚女性の62%が20代で占められています。主に、東京以外の地域ですが。

20代のうちに結婚する人と、未婚のまま30歳を迎える人との違いはなんだと思いますか?

勿論、その要因はひとつではありません。多岐にわたりますが、ひとつ大きい要素として、「17歳まで(高校生まで)の恋愛経験値の違い」があげられます。

恋愛経験とは「誰かを好きになる」「告白する」「デートする」「キスする」「セックスする」という恋愛における一連のイベント経験を指します。未婚と既婚とでその経験値レベルがどれくらい違うかというと、たとえば、20代既婚女子は17歳までに63%がキス経験済みですが、同じ20代未婚女子は34%しか経験していません。

10代の頃の恋愛経験値の差が、将来「結婚できるか・できないか」を分けるポイントではないかとも思うのです。

そんな考察をした記事がこちらです。20代のうちに結婚したいと考えている婚活女子はもちろん、まだ小さな娘さんをお持ちの親御さんにもぜひ読んでいただきたいと思います。おもしろいと思います。

女子高から女子大へ、変な虫がつかないようにと、箱入り娘にしてしまうと、もしかすると娘の婚期を遅らせることになるかもしれません。箱入り娘が嫁に行けたのは、まさしく「社会的お膳立てシステム」が機能していたからですから。



記事では、20代女性についてのみ書いていますが、同様に男子のデータもここでご紹介しましよう。

画像2

男性の場合、女性よりも「告白」や「デート」の経験値は未既婚でそれほど差はありませんが、やはり20代で結婚する男というのは、17歳までに75%がキスを経験しています。対する未婚の経験率は54%。

だからって無理やりキスを迫ると、結婚どころか即セクハラになってしまうので、行動に際しては十分に注意してください。

こうしてみると、男女とも、高校生までの10代でいかに恋愛経験を積んだかが重要と言えるのではないでしょうか。恋愛は勉強ではない。誰かに教えられてやるものではない。理論や理屈によってやるものでもない。ましてや、ハウツー本なんて何の役にも立ちません。恋愛のハウツー本を何冊も読んだり、わけのわからない恋愛セミナーに通ったりするくらいなら、一回誰かに告白した方が早いです。

こういうのに対して、よく「モテないからデートもキスもできなかったんだから因果逆だ」と指摘する人もいるんですが、それこそ因果逆です。

数々の名言を残した女優・樹木希林さんがこんなことを言っています。

"結婚なんてのは、若いうちにしなきゃダメなの。
物事の分別がついたらできないんだから。"

まさに真理だと思います。

なんだかわからないけど、じっとしていられないような落ち着かない気持ちになって、相手が今どんなことを考えているかが気になって、会いたくて、話したくて、触れたくて仕方がない。それが恋というものなんですから。若いうちにそんな気持ちを経験しておいた方がよいに決まってます。

10代でできなかった心のときめきが、20代や30代で突然ふってわいてくるものではないはずです。

デートできたかどうか、キスできたかどうかは結果であって、デートするために、キスするために恋愛するわけではない。順序が逆というのはそういうことです。


でも…もし失恋したら悲しいじゃないか…

そんなことをいう人もいるでしょうね。わからなくもありません。誰もが失敗はしたくないです。人間はリスクを回避したがるものです。

でも、悲しみは人生を豊かにするためには必要不可欠なものでもあります。

悲しみというと、つい捨て去ったり、忘れ去ったりしようとします。違います。悲しみは腐敗させていくのです。自分の中で腐らせた方がいいんです。腐敗は悪いことではない。むしろ腐敗こそが大地を芳醇にし、芽吹きを促進し、未来の糧を作り出す源。過去の経験は、腐敗によってかけがえないものになります。内面の豊かさとはそうした循環の中で作られます。

記事にも書きましたが、恋愛経験値が高い人ほど、失恋や破局経験も多い。逆に言えば、恋愛での悲しみを経験しないと、豊かな恋愛はできないのかもしれません。


恋愛なんてどうでもいいいい。結婚だけできればいい。という人は別です。それはそれで否定されるものではありません。どうぞご自由にしてください。


年収とか容姿とかじゃない。経験値なんだという話はこちらでもしています。こちらは非モテの男性用に書きました。たくさんの方に読まれています。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

何か少しでも価値を感じていただけたら、サポートお願いします。

いつもありがとうございます! 励みになります!
73
11/13に新刊「結婚滅亡」が発売です!他著書「ソロエコノミーの襲来」 「超ソロ社会」「結婚しない男たち」等。東洋経済等でコラム執筆したり、テレビ・新聞によく出ます。独身研究家として活動させていただいてます。メディア出演・執筆・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージから。

この記事が入っているマガジン

それ、幻想かもよ!
それ、幻想かもよ!
  • 272本

本当の自分とか幸せとか、そういうのって全部幻想かもしれないよ。

コメント (1)
恋愛経験を早めに積んでおいた方が後々結婚できる可能性が高い。
然りと思います。
樹木希林さんの言葉も味わい深いです。
当方は…双方同意で付き合うような恋愛は21くらいか…ギリアウトだったなぁ。
でも結婚できたのでオーライです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。