日本のAIの競争力

AIの競争力に関する議論には大きな混乱があります。

最も大きな混乱の原因は、学会の論文発表の競争力とビジネスでの競争力を混同させる議論です。学会の論文数は、産業レベルので技術レベルを表してはいません。

その意味で、下記の記事で、両者を分ける議論は、大賛成です。これについては、これまでも、何回か指摘してきました。

実はさらに重要な分類があります。AIの事業でも、既存業務の最適化と業界を超えるディスラプションでは全く意味が違います。既存業務の最適化は、AIを体験し、その実態を学習する練習問題としてはいいですが、それだけでは、大したことは起きません。いかにディスラプションを起こせるかが本当の勝負です。

まだこれは誰もまだ出来てません。だからチャンスです。あらゆる人や会社に大きなチャンスがあるのです。

https://www.businessinsider.jp/post-177783

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とってもうれしいです。感謝です!
AIと人間社会行動や幸せについて研究しています。これがAIと合わさって大きなな変化をもたらすと考えています。著書『データの見えざる手:ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』http://amzn.to/1mgfZHF http://bit.ly/Unmhs6

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 7440本

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。