グランドデザインのない英国離脱

英国のブレグジットに対するグランドデザインが全く整っておらず、バルニエ首席交渉官が苛立ちを覚えているというのが現状です。言うまでも無く金融機関に対する処遇もグランドデザインの一部であり、全体像が決まらない状況が続く限り金融機関も付き合いきれないというのが実情でしょう。シングルパスポートは別の国で取ればいいのですから。

 逐次話題になるメイ政権の寿命(意外に持つだの持たないだの)などは在英法人にとって「どうでも良い話」であり、バルニエの言うとおり「時間を無駄に浪費している」という現状に愛想をつかせて大陸へ渡る企業(場合によっては個人)は今後増えるように思います。

英国のブレグジットに対するグランドデザインが全く整っておらず、バルニエ首席交渉官が苛立ちを覚えているというのが現状です。言うまでも無く金融機関に対する処遇もグランドデザインの一部であり、全体像が決まらない状況が続く限り金融機関も付き合いきれないというのが実情でしょう。シングルパスポートは別の国で取ればいいのですから。 逐次話題になるメイ政権の寿命(意外に持つだの持たないだの)などは在英法人にとって「どうでも良い話」であり、バルニエの言うとおり「時間を無駄に浪費している」という現状に愛想をつかせて大陸へ渡る企業(場合によっては個人)は今後増えるように思います。

https://newspicks.com/news/2364564?ref=user_2460408

https://newspicks.com/news/2364564?ref=user_2460408

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?