ベンチャーに活路、気になるその後

きょうの日経朝刊、企業1面と企業2面のアタマ記事はともに、大企業がベンチャーの力を取り込む、という内容でした。JR東日本には「これまでは自前主義だったが、社外とウィンウィンを目指したい」(新井健一郎常務)、三菱重工業には「社内の組織、社員だけでは発想に限界がある」(名山理介取締役)との狙いがあるようです。今後も、大企業のオープンイノベーション、CVCなどの動きは加速するのでしょう。ただ、協業の現場では実際に何が起きているのか。どんな課題があり、どんな成果が得られたのか、外部からはわかりにくい面もあり、その後の動きが気になるところです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23696330Q7A121C1TJ2000/

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23697140Q7A121C1TJ1000/

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?