新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Think ICT 6:DXよりも、急げ企業のデジタル化

「新しい生活様式」で、注目されるようになったテレワーク

 これからは、「非3密」な生活を、企業活動でも求められる。学校が分散投稿であれば、企業も分散出社などが行われるのであろうか。

 ところで、今回のテレワーク。皆さんの企業はスムーズに行えているだろうか。そして、あれ日本ってIT先進国ではあったはず、と思った瞬間はなかっただろうか?

 私はフリーランスなので、さまざまな企業や大学とお付き合いをさせて頂いている。先週も大学の講義で、160名程度への講義を、Video会議のシステムで行った。実際160名の講堂を持っていない大学であるが、Video会議だとこのような講義ができる。とても便利である。

 企業の場合でも、同じようにスムーズに行えるかと思いきや、意外とそうでもない。理由は明確だ。従業員が自宅で契約しているインターネットへの接続回線が、全員高速ではないからである。社内会議で、ある人にプレゼンテーションを頼むと、その人からの声だけ、とぎれとぎれになったりする。理由は、その人のインターネットの回線が遅いからである。結果、その人の発表に対して、「もういいから、あとでメールして」などとなってしまうこともある。

インターネットの回線は、仕事で使っていなかった?

 日本は、スマートフォンの普及率は高く、LINEやFacebookなどの利用も高い。個人と個人のコミュニケーションでは、実にインターネットを上手に、そして楽しく使っている。

 しかし、仕事、企業活動での利用は、今まで真剣に考えなかったのかもしれない。もちろん、自宅から仕事という文化は今まであまりなかった。日本では、「会社出社=勤務」であり、「会社に行かない=働いていない」という方程式があったからである。

 ところが、これは実は放置していた問題だったかもしれない。特に、東京では、2011年の東日本大震災の時に、出社停止になった日がある。

 この時には、自宅の電気も計画停電になったので、自宅からの勤務ということをあまり考えなかったのかもしれない。しかし、この時に、BCP(事業継続計画)という言葉を覚え、多くの企業でBCPを策定したはずである。その中に、「会社に出社しない、出社できない」という想定を考えられなかったのである。

 もし、BCPをしっかり考えていたなら、テレワークのテストを定期的に行い、回線の問題や、会議の進め方など、事前に練習できていたはずだ。しかし、今回、初めてテレワーク実施という企業が多かったのではないだろうか?

DXよりも、足元のデジタル化

 去年から、多くの企業の経営者やリーダーが、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)時代の事業を」などと口にしていた。しかし、蓋を開けてみたら、企業活動のデジタル化すら、満足な状況ではなかったのかもしれない。

 まだ、遅くない。これから企業の活動、すべての活動のデジタル化を検討し、実行に移すときだろう。

 書類仕事の棚卸や、イントラネットのインターネット化、会社のサーバーとインターネットの接続回線の見直し。とても、地味な仕事であるが、今気づいた企業のデジタルの課題を、ひとつづつ改善すること。このことが、DXの1丁目1番地なのではないだろうか。

#COMEMO #NIKKEI

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問

もし良ければ、サポートをお願いします。今後の執筆のための、調査費用などに、有効に活用して、記事としてお戻しします。

ありがとうございます。ぜひ、フォローもお願いしますね。
17
1992年花王入社、デジタル・マーケティングを牽引。以後、コンサルタントとしてマーケティングのデジタル化を支援。ビジネスブレークスルー大学講師、東京大学大学院数理科学研究科客員教授、事業構想大学院大学客員教授 マーケティングサイエンスラボ(mslabo.org)所長