見出し画像

「MBTI診断」の不足要素をプロティアンキャリア理論から説明しよう

心理テスト「MBTI」が若者世代に流行っている。こちら2024.6.8日経記事

自己診断なので「当たっている気がする」のは当たり前だ。自分で答えた自己イメージを、より豊富な情報量により、再説明しているわけだから。

若者ほど人気が高いのは、「人物像を説明するための知識・情報の量」が少ないから、と僕は理解している。MBTIの人物像説明を通じて、人を表現するための語彙の学習ができる。それ自体は良いことだ。「ストレングスファインダー」などの診断ツールはみんなそう。

今回とりあげるのは、その使い方についての注意点。MBTIのような「自己イメージの理解、言語化」は、キャリア構築に必要な要素の半分以下でしかない、という話をする

「アイデンティティ」と「アダプタビリティ」

「プロティアン・キャリア理論」は、アメリカで1970年代に提唱され、日本では2019年から法政の田中研之輔教授が現代的アレンジを発表。環境変化の大きなタイミングに合う理論だ。この中心にあるのが「アイデンティティ」と「アダプタビリティ」の2概念:

「アイデンティティ」=自己認識・・・ 価値観、興味、目標、長所短所、などについての自己理解。自分らしさの核。

「アダプタビリティ」=適応力
・・・ 変化する環境や新しい状況に適応する能力。学習能力、柔軟性、ストレス回復力(レジリエンス)、人的ネットワーク構築力など。環境の変化に柔軟に対応し、自らのキャリアを主体的に形成していく力。

アイデンティティはスタートラインとなり、アダプタビリティが成功を持続させる。

タイトルの「MBTIに欠落する要素」の1つめは、後者の「アダプタビリティ」だ。MBTIは、「アイデンティティの一部」は言語化してくれるだろう。しかし「アダプタビリティ=適応力」抜きには、何もなしえない。

「相互作用」

さらに現実のキャリアは、これら 2 要素が相互に作用し合うことで構築される。

  1. 「アイデンティティ→アダプタビリティ」への作用: 自分の目的があるから、実現のためにチャレンジできる

  2. 「アダプタビリティ→アイデンティティ」への作用: チャレンジし、新たな経験を得て、新しい自分を発見する(アイデンティティの更新)

  3. この無限ループ

つまり、MBTIも相互作用が起きてからが真のスタート。

第一の自己理解: MBTIでも自己理解の本でも何でもいいから、自分のやりたいこと、を言語化してみる。

第二の自己理解: やってみて、どうなったか? その結果(=たいてい失敗)を受けとめて、そこからどう適応していくか?
 

本当の自己理解とは、行動&適応の後からはじまる。

自己分析ツールは、自己理解の出発点として有用。しかし真の成長は、実際の行動に移し、その結果を振り返り、言語化するプロセスの中にある。そこで、診断が教えてくれる「強み」を様々な状況で活用することだ。

結論:行動しよう。その結果を振り返りながら、自分のアイデンティティを言語化していこう。言語化の際に、MBTIでの表現・語彙は役に立つと思う。MBTIを使うならその目的で使うといいと思う。

・・・

この話は、社会学の「主体と環境との相互作用」とも共通する。田中教授のルーツである社会学で重要な概念。個人の変化は社会構造を変え、社会構造が個人を変化させる。社会とはそんな相互作用の産物だ。

(トップ画像、「構築されたもの」、という選定理由です ←とってつけた

サポートいただけた金額は、基本Amazonポイントに替え、何かおもろしろいものを購入して紹介していきたいとおもいます