見出し画像

結婚しない人が増えてきた理由

とても凄まじい姿に見える。
大学の卒業式の会場が足りなくなった。卒業生に加えて、卒業生の両親だけでなく、祖父母も来られる。大学内ではおさまらなくなり、大学外で卒業式を開く学校もある。卒業生1人に、付き添いが6人のときもある。そりゃ、スペースが足りなくなるはず。大学の入学式も同じく、両親・祖父母がついて来る。とりわけその大学が親たちの母校となると、よけい盛りあがる。かつては親が入学式、卒業式に来るのは、高校生までだった、いや中学校の卒業式ですら、親は来なかった。就活や企業の入社式にも来られる親もあらわれた。海外の人がその姿を見たら、奇異に映る。その姿をみて、「子離れ、親離れできない」と評論する人もいるが、そんなステレオタイプだけでは説明しきれない。

「一億総中流社会」
という言葉が高度経済成長の末期ごろから、自らのことを「中流」と思うようになった。戦後ベビーブーマーという圧倒的人口である団塊の世代間での圧倒的競争がおこった。その競争の結果、一部の成功者と圧倒的多数の「ほどほどの中流階級」が誕生した。ほどほどの学校、ほどほどの会社、ほどほどの収入、ほどほどの生活、ほどほどの家、ほどほどの余暇をエンジョイする。その団塊の世代の人たちが子どもをつくって、子どもたちに、「所詮、会社ってそんなものだ」「一所懸命頑張っても、人生って、所詮こんなものだ」と、自分が果たせなかったこと、自分が完全燃焼できなかった経験から、自分の子どもたちにネガティブな物語をする。そうすると、子どもたちは就職や結婚できなくなったりする。定職に就かない人、結婚できない人が増えている理由は「親」にもある。

結婚も凄まじい。
娘が「この人と結婚したい」といって、彼氏を連れてくる。父親は、娘が連れてきた彼を見て、「きっと裏があるはずだ」といって反対する。娘の結婚相手がどんな会社にいて、どんなことをやっているかを訊いて、「そういうヤツはお父さんの会社にどっさりいる。そいつはモノにならない」「その仕事はこれから厳しくなるので、大変だぞ」などと、ネガティブに諭したりする。

しかしモノにならなかったのは、「お父さん」であって、娘の彼ではない。
子どもの結婚に、親が良い悪いという決定権を握って、結婚に反対したり、彼、彼女のことをネガティブにいったりする。大人となった子どもがその人と一緒になりたいといっているのだから、結婚させてあげればいいのに、親は色々と難癖をつける。娘の結婚をダメにするのは父親、息子の結婚をダメにするのは母親ともいえる。

「結婚しなくてもいいんじゃない。ずっと家にいたらいいんだよ」
と、子どもにいう親。経済力がない子どもは、親といつまでも生活する。娘は母親といっしょに買い物にいく、食事にいく、旅行にいく。どこでもいっしょにいて、子どもに刷りこんでいく。

「本当は、お父さんのこと、嫌だったの。結婚は失敗だったわ」
という物語を子どもたちに刷りこんでいく母親。といっても、現実には、経済的な理由から別れない。団塊の世代が大量のライバルと熾烈な競争した経験で形成した“被害者意識”、“未達成の憤り”をそのままストレートに子どもたちに注入する。日々そんなことを刷りこまれつづけたら、子どもたちも変にもなるのは当たり前。それを次の代、その次の代と次々と繰り返されたら、それが「普通」になっていく。

「一所懸命がんばってきたけど、中程度、ほどほどでおわった。結果的に、オレたちは定年で放りだされた。都心から離れたところだけど、家をもった。しかし、なんの達成感もない人生だった。うまくやっているヤツには、必ず『裏』があるのだ」という社会観、企業観、人間観をもつ人たちが広がる。「一億総中流社会」はクレーム社会、クレーマー社会へと変化し、権威をひきずりおろそうとする動きをうんでいく。そして子どもたちの代、孫たちの代に、「ネガティブ」が増殖して、現代は「ネガティブ社会」となる。

この「ネガティブ社会」の基盤をなしているのは、「感謝」がないこと。日常的に褒めること、褒め称えること、「ありがとう」が社会から減り、不満、不平、不服、不承、愚痴、非礼、不遜、苦情が増えていく。しかしながら有り難いことをしてもらって、「ありがとう」と言って、いけないことはない。自分が「ありがたいな」と思ったら、感謝する。この「感謝する文化」を社会にとり戻さないと、大変なことになる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」をありがとうございます!
105

池永寛明(大阪ガス エネルギー・文化研究所)

過去と現在・未来をつなぎ、内と外をつなぎ、多層的な情報を編集・翻訳し、中長期ならびに技術と社会をつなぐ文化の方法論から、生活・社会・経済の今とこれからのあり姿を考え、発信していきます http://www.og-cel.jp/

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
1つ のマガジンに含まれています

コメント3件

父は団塊の世代で私は団塊ジュニアではありますが、
私は幸運にもそういった呪いをかけられずにすみました。

小さい頃から幸運にも好きなことをしなさいと言われ育った。
本当にありがたいと思う。

一方で、そうでない家庭もあるのは知っています。
一見幸せで、生活水準もそこそこあるものの、
そこにはネガティブな感じがあります。
結婚を認めてもらえなかった、進路に反対され違うに道に。。。
お互いにネガティブな力が溜まってしまうのはあるいみしかたがないです、
そんなことをしたり、されたら。

どこかで断ち切る勇気が必要なのだと思います。
痛みに耐えて頑張ろうと言ったのは、確か、小泉さんだったでしょうか。いまは、総中流社会も崩れて「頑張ったら報われる」が危うい状況です。大学生は学費や奨学金返済のバイトに追われ、単位取得のため懸命に授業やレポートをこなし、個性や独創性が深まる3回生からは就活に追われ、そのうえ、現場の激変を知らない親父世代に「俺の大学時代はこうだった」と諭されても何も響かない。
一方で「感謝する文化」の重要性は、池永さまご指摘のとおりで、さらには「信頼する文化」も取り戻したい。幸せに暮らすために不可欠なそれらが家族のなかに欠けるとき、友人やネットに、小さな「感謝」や「信頼」を見いだし、それを糧にしているのだと感じます。ネガティブ世代はいつの時代にもいますが、小さなポジティブが消えなければ、必ず「感謝する文化」は復活すると思います。昨晩も多くの人が、ひとりの男に涙を浮かべ感謝してましたから。
「一億総中流社会」。今の若い方からすると、バブル期を経験したあたりの人までに対しては「中流」と言わないで欲しいところだと思います。ほんとに様々な分野で幅の広い余裕があった。どんな時代も、その時代から簡単に言うと二手に分かれます。いつの時代も、「人」や「親」「世の中」にかこつけて甘えず、我が道を歩くことが必要だと思います。これからは一層、それが求められるでしょう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。