見出し画像

ドイツ銀は人事制度の教訓が盛り沢山?!〜業績連動報酬を経済の目線で〜

みなさま、こんばんは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。おかげさまで著書「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」は1万部達成、そして2冊目も刊行が決定!詳細は後日に。貴重な機会に感謝です。これも、みなさまの支えのおかげです。今回は、ドイツ銀行の経済ニュースを軸に、働き方や人事制度のインセンティブ設計を考えていきます。

*ドイツ銀行に何があった?

先日、ドイツ銀行に衝撃が走った経済ニュースがありました。アジア市場の投資銀行部門を撤退するというのです。例えば、株式運用部門などが該当します。急な撤退について、FTが辛口コメントしています。でも、辛口なだけでなく、徹底した業績連動報酬への批判も興味深いです。記事では、あまりに業績連動にしすぎると、マーケット(株式市場や債券市場などのことで、金融機関はそれらの市場で運用収益を上げるのも主要業務の一つ)のアップダウンに左右されすぎて、従業員のモチベーションダウンや企業不信になるのでは?と指摘しています。


*過剰な業績連動報酬は金融業界以外でも問題!?

実は、上記の問題は経済学でいう「マルチタスク問題」としてずっと議論されているのです。あまりに業績連動報酬が過剰になると、業績や自分の業務以外はおざなりになり(例 目先の営業獲得ばかりで社内コミュニケーションがおろそかになる、個人不正に走りかねないなど)、結果的に企業全体で不利益になりかねないということです。更には、あまりに業績連動すぎるともはや景気動向に左右されかねず、自分の報酬が運次第という結果になり、従業員モチベーションも下がりかねないと。

(イラスト出所 崔真淑著「30年分の経済ニュースが1時間学べる」)

働き方改革だけでなく、人事評価や報酬体系もメスが入りつつある日本。ドイツ銀行のニュースは教訓が盛りだくさんかもしれません。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

日々の活動、書籍への応援も、ありがとうございます!


崔真淑/さいますみ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

崔 真淑/エコノミスト 新刊「30年分の経済ニュースが...

MBA in Finance。一橋大学院博士在籍。専門はCF。GNC代表。昭和女子大研究員。テレ東『昼サテ』NHK、日経CNBC『崔真淑のサイ視点』等で解説。図解137点の新刊「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」http://tinyurl.com/yya2cvqv

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。