新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

デジタルトランスフォーメーションをWeb3フレームワークで考えよう

デジタルトランスフォーメーションを、「トランスフォーメーション・ファースト」で取り組む

 多くの企業で、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが盛んです。企業の成長のためには、デジタルトランスフォーメーションが必要だからです。
 ところで、このデジタルトランスフォーメーションは、「デジタル」と「トランスフォーメーション」の2つの単語から出来上がっていますが、みなさんは、どちらの単語に強く焦点を当てているでしょうか。つまり、「デジタル」と「トランスフォーメーション」のどちらを重要と考えるかです。
 デジタルが重要と考えれば、「デジタルを活用した、ビジネス、業務のトランスフォーメーション」という理解になるでしょう。トランスフォーメーションが重要と考えれば、「行うべきビジネス、業務のトランスフォーメーションに、デジタルを活用する」となるでしょう。何か、言葉遊びのように聞こえますが、すこし前に流行ったフレーズを使えば、「デジタル・ファーストか」、「トランスフォーメーション・ファーストか」という違いになるのでしょう。
 私のお勧めは、「トランスフォーメーション・ファースト」であり、「行うべきビジネス、業務のトランスフォーメーションに、デジタルを活用する」という考えを、デジタルトランスフォーメーションの定義としてりようすることです。
 多くの企業では、デジタル力が低いために、「デジタル力強化」から取り掛かっているようですが、重要なのは、その企業の将来の姿を創造すること。そして、その将来の仕事・業務を想像することではないでしょうか?

トランスフォーメーションのヒントは、Web3にある

 実は、トランスフォーメーションを考える時に、良い参考事例があります。それは、「Web1.0→Web2.0→Web3」の流れです。

 Web3は、Webサイト、Webサービスの言葉であり、ビジネス・業務まで広くないと感じている人もいると思います。しかし、この流れを理解すると、実は、デジタルトランスフォーメーションのためのトランスフォーメーションのヒントが出てくるのです。

Web3フレームワーク

 上記に示したのは、私が作成したWeb3フレームワークです。Web1.0、Web2.0、Web3の代表的な特徴を整理しました。そして、青い行の部分に、考えたい業務を書き込み、そこに必要な要素を入れていくのです。
 ここでは、スマートフォンアプリによるタクシー予約(GOのようなもの)の実例を整理しました。

 タクシーの配車アプリは、最初はタクシーをスマートフォンから呼び出せる単純なものでした。これでも、地名がわからない場所でも、正確にスマートフォンの位置情報により、タクシーを呼び出せるようになり、かなり利便性が高くなりました。次に、タクシーアプリに、事前にクレジットカードの情報などを登録することで、予約時、または乗車時に、事前に決済が行えるようになり、さらに便利になりました。
 そして、今では例えば、「GO」は、複数のタクシー会社で共同で使われているために、以前のようにAというタクシーが配車できない時に、お客様が自分で異なるB社に再度連絡などという面倒な仕事から解放されたのです。

自社の業務をWeb3フレームワークで書き出してみよう 

 上記のタクシー予約サービスは、すでにWeb3の領域まで到達しています。しかし、多くの事業やサービスは、まだまだWeb3の領域に到達していません。
 例えば、ラジオのインターネット配信サービスは、

  • Web1.0時代

    • シンプルなラジオ配信

  • Web2.0時代

    • 聞き逃し配信

    • エリアフリー昨日

と進化していますが、おそらく今後Web3の概念を取り込んだサービスになるのではないでしょうか?そのために、Web3の特徴である、

  • ラジオ音声以外も配信するのか

  • 配信だけでなく、自分のデバイスに一時的に保管を許可するのか

  • ラジオ局という垣根を下げるのか

などの検討アイディアが、「Web3フレームワーク」から考えられるのではないでしょうか?

 このように、デジタルトランスフォーメーションを考える時に、Web3フレームワークを使うと良い考えが出るかもしれません。ぜひ、取り組んでみては如何ですか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問

もし良ければ、サポートをお願いします。今後の執筆のための、調査費用などに、有効に活用して、記事としてお戻しします。