見出し画像

ゲーミフィケーション化される仕事とシミュレーター開発

 企業が新人を採用して、業務に精通した人材として育成するのにかかる期間は平均でおよそ3年と言われている。もちろん、職種や仕事の内容によっては、それ以上の年数に及ぶこともあり、人材育成にかかるコストは高額になる。その内訳には、人材採用時のコスト、新人研修の教材費や講師の人件費、研修施設の設置や運営にかかる費用、教育期間中の新人社員に支払われる給与などが該当して、3年間で少なくとも1人当たり1,000万円近くがかかる。

さらに、高齢社会で人材が不足している「医師」の育成費用は、1人あたり1億円以上と言われている。私大医学部の授業料は6年間の総額が平均3,200万円だが、その他にも、国の補助金、寄付金などで医学教育は賄われており、日本私立医学大学協会では、学生1人あたりの医学教育経費を年間1,833万円(6年で10,998万円)と算定している。

加えて、医師免許取得後は、2年間の「初期研修」が義務化されており、その後に専門医としてのスキルを習得する「後期研修」として3~5年が費やされているため、医師が一人前になるまでには、1億円を遙かに超す教育費用が投じられていることになる。

また、製造業や建設業の現場で不足している専門技能者の育成にも長い時間がかかる。建設躯体工事に関わる、鳶工・鉄筋工・型枠工などの技能者は、2009年の有効求人倍率が1.53倍だったのが、2017年には9.62倍にまで上昇。業界全体の高齢化が進んでいる一方で、10代~20代の入職者希望者が非常に少ないことも、人手不足に拍車をかけている。

こうした状況の中では、若い人達に各職業への関心を持ってもらい、効率的に仕事のスキルを学べる仕組みを作ることが重要になる。その具体策として、バーチャル・リアリティ(VR)のテクノロジーを活用した、職業体験や職能訓練ができるシミュレーターが注目されている。これからの“新人”となる10~20代は、スマホやビデオゲームに慣れ親しんだ世代であり、職業訓練もゲーム化することで、人材育成の費用対効果(ROI)を高めることができる。

■職業訓練用シミュレータを専門に開発する「WorksiteVR Simulator

航空会社に導入されているフライトシミュレーターは1基あたり数億円するが、訓練に参加できるのは難関を乗り越えた一部の人材に絞られている。
一方、VRゲームとしてのフライトシミュレーターは、ヘッドセットとソフトウエアをセットにしても10万円程度で購入することが可能で、その完成度はかなり本物に迫ってきている。そこでパイロットを養成する航空学校や航空会社でも、VRゲームを採用して訓練コストの引き下げと、訓練にトライできる人材の間口を広げている。

これと同様の試みは、他の職種にも応用することが可能で、上手に行えば求人応募者を増やすことと、人材育成コストの引き下げ、両方の効果を高めることも可能だ。既に海外では、特定の業界や職種にフォーカスしたVRシミュレーターを開発する会社が登場して業績を伸ばしてきている。

■JNEWS関連記事
オープン化していく職業訓練としてのプログラミング教育
ニューカラーワーカーを育成する職業訓練ビジネス
就職保証型コーディング・ブートキャンプのビジネスモデル
ウェアラブルデバイスを装着したコネクテッドワーカー
新テクノロジー人材を育成する高度職能訓練ビジネス
注目の新規事業テーマ一覧

■この記事はJNEWS会員向けレポート「JNEWS LETTER」の冒頭部を抜粋したものです。公式サイトではJNEWS LETTER無料体験購読の申し込みも受け付けています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。JNEWSサイトでも多数の記事を提供しています。
14

JNEWS編集長(井指 賢)

JNEWSは国内外の新規ビジネス事例、業界動向を解説する有料会員制レポート「JNEWS LETTER」を1996年から発行。20年以上の活動で2千件以上の新ビジネスを取材。株式会社ジャパン・ビジネス・ニュース代表取締役。公式サイトは、http://www.jnews.com/

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。