見出し画像

家族3人で5週間のシドニー滞在は全部でいくら? 〜子連れ海外ワーケーション滞在記〜

ミノ(蓑口恵美)

こんにちは、ミノ(@mino3megu3)です。VCPRとして働きながら、スタートアップ企業を経営する夫と、いつかは世界を旅するように暮らしたいという夢があります。

今記事は、そんな私たちが「子連れ海外ワーケーション」に初挑戦した体験談をお伝えするnoteシリーズです。そして本編はみなさんが気になるお金についての実データをお伝えします。


コロナ前の費用感は忘れよう!アフターコロナの新予算計画

私は、シドニーに、『子連れ海外ワーケーションするぞー』と決意してから、どれだけの費用がかかるのかなと『子連れ旅』に関する体験記事にたくさん目を通しました。

しかし、ほとんどの記事がコロナ前の経験談。コロナになってからは国外旅行がほぼできない状況が続いたのでそれもそのはず。

気を取り直して、2泊3日の子連れ国内旅行だったり、4泊5日程のハワイ旅行の予算についての記事を読み漁りました。しかし、実際調べていくと、コロナ禍での出国条件や、費用については、以前とは大きく異る部分がたくさんありました。

事前の準備も、費用も、各国の入国手続…..

調べれば調べるほど、「で、今はどうなのよ?」
また調べなくてはいけないものが増えていくという状況でした(遠い目)。

1. 「子連れ海外ワーケーション」総予算項目はこれ!

『で、結果いくらだったの?』と結論を急ぐあなたに、総予算を先にお伝えします。

結果的に、家族3人の5週間の実費は155万円でした。内訳は以下の通り。

  1. 宿泊代金(90万:一日2-3万×35日)

  2.  飛行機代(30万:3人分で80万だったが、2人分をマイルで購入)

  3. 食費(22万)

  4. ベビーシッター代金(8万)

  5. その他のPCR検査費用やVISA申請費用(7万)

子連れ海外ワーケーションの総予算の内訳

「子連れ海外ワーケーション」にかかる予算項目は大きく2つでした。

飛行機代と、宿代です。

飛行機代は、どこの格安航空券を調べてもコロナ前の1.5〜2倍ほどの費用がかかることが分かりました。

コロナ前は、旅慣れた人であれば格安航空券やパッケージツアーを見つけることができたかもしれません。

しかし、このnoteを書いている時点では、飛行機代はどこを探しても安く押さえられる方法はありませんでした。その背景には、長期化する燃料費の高騰、そして、多くの航空会社が1機あたりの乗員数を制限していることがありました。

また子供が2歳を過ぎてくると正規料金の75%分がかかるため、家族3人で往復80万円ほどとなり、子連れ海外ワーケーションの予算で大きな存在感を示してきます。

2歳児の息子、子供用の機内食のほとんどを食べ残しました。

2. 宿代はケチらない!必要な空間に投資する

1つ目の拠点にしたAirbnb物件のリビング

子連れ海外ワーケーションを快適に過ごすためのポイント2つ目は「自分たちにあった宿を見つけること」です。

私達の場合は、「現地でできるだけ長く暮らしたい」また、仕事も保育も家で完結できる「立地が良い3LDK」が希望条件でした。

3LDKの広さは、ホテルで考える「スイートルームサイズ」。

5週間のホテル滞在は、割高だと考え、Airbnbで3LDKほどの部屋を見つけることにしました。するとシドニーの場合は、一泊2〜3万が相場で、5週間暮らす場合は総額90万になりました。

『ちょっと高いな…..』

シドニー滞在5週間の宿代にプラスして、日本でも5週間分の家賃を払わなくてはいけない状況を考えると、もう少し押さえたいという気持ちがありました。

しかし、狭い部屋にした結果、子供も遊べるスペースが限られて機嫌が悪くなり、親も仕事に集中できないとなると、せっかくのワーケーションが台無しになってしまう。

『せっかく行くなら、長い時間を過ごす宿を贅沢にしよう』

と夫婦で決意。

合計30件ほどAirbnbで比較検討したうち、最も心ときめくエリアのきれいな3LDKの部屋を押さえることにしました。

2022年の夏は、世界中で旅行客が少なくなっているタイミングだということもあり、比較的安い料金設定担っている感じがしました。

2つ目の拠点となったAirbnbのリビング。3LDKの部屋は天井が高く気持ちよかった

3. 現地ベビーシッターは最強そして唯一の助っ人

【写真】ベビーシッターさんと図書館のキッズプログラム(無料)に参加する息子

子連れ海外ワーケーションの3つ目のポイントは、保育費用です。
子連れ海外ワーケーションならではの費用項目ですね。

保育(ベビーシッター費用)は、夫婦が交代で自宅保育する場合や、両親に見て貰える場合はかかりません。費用を抑えたい場合は、この予算を削ることができますが、個人的には、一回だけでも依頼することを強くおすすめします。

なぜなら、近所のベビーシッターさんは、子育て世代が現地で必要な情報をすべてを持つ子育てコンシェルジュ・ガイドにもなってくれるからです。

一度だけでも一緒に過ごしてもらうことで、現地で子供に必要な情報のほぼ全てがそろいます。

この安心感は、とてつもないです。


子育て情報の多くは、基本的に地元の方だけが知っていればいいもの。多くが口コミや、チラシ、看板で伝達されています。またコロナ禍でその情報は日々更新されており、旅人である自分たちが調べようとすると膨大な時間と労力がかかります。というか、日本からインターネット経由で調べようとすると、ほぼ不可能です。

だからこそ、必要な保育情報を1時間、3000円ほどで与えてくれるベビーシッターは、海外で数週間暮らそうとするのであれば、すごく貴重な存在です。

現地の子育て情報があることで、子供も楽しく過ごせて、何かあったときのトラブルも回避出来る。子育て世帯には、ぜひ取り入れてもらいたいと思います。

4. 未就学児がいる場合は、海外でも自炊ライフ

4つ目のポイントは、食費です。
子連れ海外ワーケーションで、賢くメリハリを付けられるところ(節約出来るところ)は、「食費」だと思います。

食費は国の物価によって違いますが、シドニーの場合は、日本の1.5倍ほどあり想定以上にかかりました。

豪経済はコロナで移民・外国人の受け入れを2021年から禁止していたため、深刻な人手不足がほぼすべての業界に拡大。飲食店はもちろん、農業、水産すべてにおいて物価高騰が深刻な課題になっていました。

ブロッコリーひとつが1000円もする!

そんな景色を毎日スーパーで眺めていると、日本ではあまり気にしていなかった野菜一つ、牛乳一本、全ての食費が気になり始めてきました。

日本と同じような自炊や外食の頻度でしたが、全てにおいて物価高の影響を受けて、予想以上の費用がかかりました。旅の最終日に家計簿アプリを見た結果、一ヶ月の食費合計は家族3人で22万となり、日本で生活していた1ヶ月と比べると約3倍となりました(叫)。

食費についての考え方は人それぞれだと思いますが、我が家は『家で美味しいものを食べたいよね』という価値観があります。そして一つの野菜を買う際にも、少し高くてもオーガニックの物を選びたいと考えています。そのため必要以上に食費は節約はしていませんでしたが、さすがに食費が3倍は高すぎる。

『もっと賢く自炊をして、美味しく、安くできないものか』

そう思ったのですが、現地の食材を買って料理を作っても、2歳の息子は日本食以外食べない状況が長く続きました。

そのため、シドニー市内を走り回り醤油や、ダシ、うどん、カレーなどの日本食を、日本の3倍ほどの費用で買い出しせざる得ない。

『こんなにお金も労力もかかるなら、日本から持ってこればよかった』

日本食を探し回る日々が続いたこともあり、来年も子連れ海外ワーケーションをするのであれば、スーツケースには、日本食の調味料や、パスタソースなどを大量に詰めていこうと思います(誓)。

5.子連れ海外ワーケーションの時間は、家族への投資

みなさんは、毎年どれぐらいの旅行予算をもっているのでしょうか?

総務省の家計調査によれば、コロナ前の日本人の海外旅行予算は、一人当たり約24万です(※1)。年に一度家族3人で3泊4日の海外旅行をするご家庭なら約72万円になります

前述の通り、私たちの場合は5週間滞在で約155万でした。正直、想定より予算が増えていってしまい、どのように予算を捻出しようか戸惑った時間もありました。

しかし、今回はただの旅行ではなく、自分たちへの経験「投資」にもなるはず。毎日、徒歩2km圏内での生活をしている自分たちがリフレッシュしつつ、子供の将来や自分たちの将来にもプラスになる効果があるのであればいいのではないか。

そう考えて、『エイヤー』と、月額の投資・貯蓄予算を海外ワーケーション予算に充てることにしました。

旅行やレジャーについての価値観はそれぞれの家族で違うと思います。

私たちの価値観として、『リフレッシュ』と『家族への投資』と考えた今回の予算の使い方は、とても良い『お金の使い方』だったと思っています。

年に一度家族3人で3泊4日の海外旅行をするご家庭なら約72万円の予算を使う中で、子連れ海外ワーケーションは、約10倍の滞在日数で、予算は2倍しかかからない(笑)。短期の海外旅行より『子連れ海外ワーケーション』はお得なのかもしれないと、自分たち都合で、そのように発想を変えること。

子供のために毎月積み立てている投資も大切。しかし子供が親と一緒に旅してくれる時間は限られています。

お金はまた稼ぐことは出来るけど、時間は取り戻せない。そのバランスを考えながら、ぜひみなさんも行きたい国にあわせて予算設計をしてみてください。

私達の体験談が少しでもお役に立てると嬉しいです。
(※1)出典:観光庁『旅行・観光消費動向調査』2016年1~12月期



Instagramでも滞在中の記録を残しています。
https://www.instagram.com/mino3megu3/

また、子連れ海外ワーケーションのノウハウをまとめた書籍の刊行を予定しています。情報をご希望の方は、こちらからアドレス登録をお願いします。

みなさまからいただく「スキ」がものすごく嬉しいので、記事を読んで「へー」と思ったらぜひポチっとしていただけると次もがんばれます!最後まで目を通して頂きありがとうございました。

#シドニー #sydney #sydneylocal #海外生活 #sydneyeats #harbourbridge #子連れ旅行 #育児 #男の子ベビー #ママライフ #summerholidays #オーストラリア #familytrip #写真好きな人と繋がりたい #ワーケーション #子連れワーケーション #海外ワーケーション #minimalist

この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!