「米「恐怖指数」が急上昇 昨年の大統領選以来の高さ」という記事が日経電子版に。トランプ大統領と金正恩委員長の間の熾烈な応酬。ひょっとすると米朝が一戦交える可能性も、と市場参加者が背筋を冷やしだしたことの表れでしょう。同じ金でもゴールドに逃避資金が殺到し、欧州通貨でもスイスフランが急騰しましています。十年前のパリバショックと同じ日に、地政学リスクの悪夢の幕が切って落とされました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11H16_R10C17A8000000/

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11H16_R10C17A8000000/

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?