With コロナの大学の授業と社会での支援
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

With コロナの大学の授業と社会での支援

まだ、対面授業に踏み込めない大学

 コロナと向き合って、3回目の春が終わろうとしている。2020年、2021年、2022年と、今年で3度目の4月、5月が終了したのだ。私のように、シニアな生活での3年は、全人生に対する濃度が高くないが、これが若者であれば、状況は全く異なる。
 例えば、皆さんは自分が大学3年生だと想像してほしい。つまり、2020年の4月入学である。入学式はない、事業はオンラインだったり、登校だったり。この学生にとって、大学は大学の価値を提供できたのかという疑問がある。

 この春も、まだ対面授業にフルに踏み切れていない。オンラインの授業は、教師が知識を伝える授業や、対話形式でも授業のプロセスが明確なものは、比較的行いやすい。しかし、みんなでプロセスも探しながら進める、トライ&エラー型や、アクティブ・ラーニングの授業は、困難さがある。

大学という学びの場も使えていない

 授業だけではない。大学という、社会人直前の「学びの場」は、自己形成や自己確認の重要な時間である。友人との雑談。友人との衝突。これらも、「人間形成」の上では、重要な学びである。

 しかし、現在大学など、学びの場にいる若者たちは、充分にはこの機会を活用できなかった。

社会でカバーすることも必要なのかもしれない

 とはいえ、時間が来れば、今の大学生は、社会人になる。そして、大学生は、好んでコロナ禍の大学生活を送ったのではない。コロナ禍の大学生活だったから、不幸だったねと、他人ごとに済ますのではなく、何かできることはないだろうか。
 社会に出た後に、大学時代に経験するような対面の経験を、社会人生活で、経験させやすくする。いや、コロナ禍受けた精神的な障害などを、社会全体で向き合う。など、彼ら・彼女たちが、生き生きと活躍するには、どうしたらよいのかは、社会全体の問題のような気がする。
 絶対に行っていけないのは、世代間の衝突をおこすような行動だろう。「コロナ禍の大学生活だったから」のような言葉は、決して投げかけてはいけないのであろう。

課題はコロナの感染から、コロナ時代の経験の対応に

 今は、幸いにもコロナの感染者数は、低下し始めている。そして、感染した場合の薬も、出始めている。
 今後の課題は、コロナ時代の不自然な生活経験をされた方たちへのケアーという高度の課題に向き合う必要があるのだろう。大学生はその一例だ。成長過程の子供たちのコロナ時代の不自然な経験による問題を、どのように社会全体で取り除くかが、今後の課題のような気がするのである。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問

もし良ければ、サポートをお願いします。今後の執筆のための、調査費用などに、有効に活用して、記事としてお戻しします。

ありがとうございます。ぜひ、フォローもお願いしますね。
本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問
1992年花王入社、デジタル・マーケティングを牽引。以後、コンサルタントとしてマーケティングのデジタル化を支援。ビジネスブレークスルー大学講師、東京大学大学院数理科学研究科客員教授、事業構想大学院大学客員教授 マーケティングサイエンスラボ(mslabo.org)所長