島袋孝一*しまこ*
あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない ~ The world around you is not what it seems. #INGRESS
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない ~ The world around you is not what it seems. #INGRESS

島袋孝一*しまこ*

日経で面白いテーマの短期連載が始まっていた。

僕は2015年当時、とあるスマホゲームにハマっていた。それまでスマホアプリがスマホのファーストビューに「ゲーム」が入ることは、なかったのに!それは、本noteのタイトルが、キャッチコピーとなっている「INGRESS」です。スマホゲームといえば、ベットの上、移動中の電車、などのスキマ時間で行うことが一般的だった時代に、スマホのGPS情報を利用し、「現実世界の移動」が、そのままゲームの戦績に影響する、というもの。(ポケモンGoの前身のゲーム、と説明したほうが早いかもしれませんね)以前、別のメディアの寄稿でも、話題にしたことがありました。

この日経の連載の切り口、面白い。初回がメタバースで、2回目がリアル街歩き×SDGs。

歩き方」って、スマホの登場で、人間の所作として、パラダイムシフトが、起きていますよね。言わずもがな、「歩きスマホ」なんてのは、「功罪」の「罪」で語られることも多いかもしれません。逆に、マーケティング界隈では、「功」的に、位置情報(リアルタイム・行動)マーケティングなんて言われて、アクチュアルな(実際の)足跡(Cookie)的な意味合いで扱われたり(スマホのタップは、誤タップなどもあるが、リアルに足を運んだ行動は、嘘をつかない、的な文脈で。)

そして、タイムリーなんですが「外出すること・歩くこと」を強制的に制限する10日間を過ごしています(お察しください…)。そんな折、僕がハマったYouTuberさんがこちらの方。

バイク1台で日本1周をされているこつぶさん(YouTube登録者数20万人超え!)です。彼女のバイタリティあふれる動画を見ていると、早くこの1歩も家(部屋)から出ない生活を終え、見知らぬ土地にぴゅーーっと行ってみたくなりました。(出不精・引きこもりなのに。ちなみにバイクの免許は持っていないので、自動車免許に付随する原付しか乗れません。が、125ccくらいは取得してみたくなってきた。)

「歩き方」って、変わるか?

平均的な会社勤めや学校通いをしていると、「週5の勤務日・通学、土日休みのサイクル」が基本となり、平常の通勤・通学経路から外れる行動を行うことって、ほぼ無くなるのが、一般的な生活様式だと思います。
通勤・通学を「旅」ととらえると、(マーケティング界隈ではよくでてくる)いわゆる文字通りの「カスタマージャーニー」です。僕の持論なのですが、「マーケターは、ブランド(情報発信者)に都合のよいジャーニーを描きがちになる」というものがあります。あ、これは、カスタマージャーニーのプロセスや手法を否定しているものではなく、前後の文脈なく、認知や購買において、あまりにも(ブランド側に)都合よく「知って」「買う」というものを前提として設計をしがちではないか?という点です。当然理想形を描いてそれに対するアクション(施策)を行っていくことで、成功をおさめていくのですが、そもそもアクション自体が、都合良すぎなことが多いのでは?という点です。
人の「歩き方」を変えることが、できるくらいのコミュニケーション・アクションができているか?という視点です。

「帰宅時、家とは反対側の改札に降り立つこと」を起こすには?

僕の家の最寄り駅には、チェーン店のドーナツ屋さんがあります。今年、年始には、福袋が発売されていて、購入しました。その福袋には、毎月月替りで利用できるミシン目の入った紙の割引クーポンが同封されており、毎月お得にドーナツが買えるようになっていました。
しかし、僕は、今年、年始にドーナツ屋に行って以来、この7ヶ月、一度も来店をしていません。自分でも不思議です。常に財布にクーポンも入っているし、お店が開いている時間に帰宅することもあります。しかし、利用していない。なぜか。シンプルな理由が1つ。お店が「通常利用している駅の改札の反対側」なんです。距離でいうと数十メートルなのに。それが「めんどくさい」になっている。
よくテクノロジーベンダーの方々は、生活者のスマホに対して、GPSを利用して位置情報でクーポンをだして〜とか、Beaconを活用して通過検知をしてPUSH配信〜とか、テクノロジー手法の美辞麗句を並べて、メーカーやリテールに提案を持っていきますが、僕は、そこまで過信をすることはありませんでした。テクノロジーとしてはユニークだと思いましたが、「歩き方変える」までのコミュニケーション・コンテキストに欠けている、と思ったからです。テクノロジーや手法を否定しているわけでもありません。
(小売で人不足が叫ばれている時勢ではありますが)僕は、今でも、ドーナツ屋に帰宅客を店鋪送客するには、スタッフによる呼び込みが最強だと思っています。当然、常時無作為に、ではなく、顧客のライフスタイルをイメージした呼び込み声がけです。(同様に、剥がれているとか、色あせたポスターを張り替える、向き・角度を変えるだけのことなど。)

ドーナツの事例は、ちょっと極端でしたが、おそらく読者の皆様も、普段利用する改札の反対側、には、きっと年間通じて、さほど利用しないと思われます。そんな生活者の一般的なジャーニー=「歩き方」を変えるには、よっぽどのポジティブなインフルエンス(影響)がないといけない時代に。

先のYouTuberこつぶさんの情報発信は、そのポジティブなインフルエンスに溢れています。僕のマインドの中で、バイク乗ってみたいな、という心の小さな変化は既におきています。(実際に乗るとは言ってないw)
出不精・引きこもりの僕でさえ、見知らぬ世界に触れてみたい、という心には、十分に火がついています。(10日間の隔離生活もあいまってw)

あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない

本noteのタイトルを再掲します。INGRESSのコピーは、いままさに、現代の世界を捉えるのに、かなり意味深な問いをもなげかけていると感じます。
「歩き方」の方角を少し変えるだけでも、違った景色が見えるはずです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
島袋孝一*しまこ*

サポートポチしていただけると、かなり嬉しみの極みです。

島袋孝一*しまこ*
2004〜2016 パルコ→2016〜2018 キリン→2019〜2021 ヤプリ→2022〜 PFN #オムニチャネル #SNS #O2O #NewsPicks ここに書かれている内容・思考回路は、ごく私的なもので、勤務先の見解とは関係ありません。