デフレ脱却宣言遠のく

実質GDP8期連続プラスを聞くと一見良さそうな感じですが、名目GDPがマイナス成長ですから、デフレ脱却からは遠のいてます。

背景にはGDPデフレーターがマイナスに転じたことがあります。

これは事前に予想されていたことですが、昨夏以降原油価格が上昇しており、原油価格の上昇は消費者物価には押し上げに効きますが、輸入が控除項目となるGDPのデフレーターには押下げに効いたということです。

やはり原油価格の上昇は、日本にとってみれば所得の海外流出要因になり、海外から増税されるようなもんですから。

実際、原油価格の上昇により実質雇用者報酬も前期比マイナスに転じており、いくら単位労働コストやGDPギャップがプラスでも、GDPデフレーターや実質雇用者報酬がマイナスでは、とてもデフレ脱却宣言とはいかないでしょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL14HCX_U8A210C1000000/

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?