見出し画像

DREAM BIG! 年始めに見たい映画3選

こんにちは、電脳コラムニストの村上です。

仕事初めから1週間がすぎ、ようやく普段のリズムに戻ってきた方も多いのではないでしょうか。とはいえ、今年はどういう年にするかはまだ考え中とか、目標はなんとなくあるようなないような、、、、と、若干の正月気分も引きずっているかもしれません。

わたしもご多分に漏れずまだまだ正月気分が抜けきれないのですが、週末を利用して気合の入る映画を見てみました。3つご紹介したいのですが、どれもが大きな目標を掲げ、それを不屈の精神と周到な準備により成し遂げるというリアルストーリです!

1. 『フリーソロ』

すごく公開を心待ちにしていたのですが、映画館で見ることができずようやく見ることができました。カリフォルニア州ヨセミテ国立公園内に位置するクライマーの聖地「エル・キャピタン」に挑んだ、フリーソロ・クライマーのアレックス・オノルドのドキュメンタリー。ロッククライミングは文字通り「生身で岩を登る」という非常にシンプルなスポーツです。東京2020オリンピックから正式種目となったスポーツクライミングで見知った方もいらっしゃるかもしれません。その中でもフリーソロというのは「命綱なし」で断崖絶壁を登るという、普通では考えられない狂気の沙汰。命知らずの無謀な賭けと思われるかもしれませんが、劇中ではアレックスがなぜフリーソロに挑むのか。そして、恐怖を克服するために、苦手なことに1つ1つ向き合い、自分自身と対話しながらそれを克服していくさま。不可能を可能にする圧倒的努力。そういったものを感じ取れるはずです。パートナーや長い間彼に密着していることで友人となっていった撮影クルーの葛藤なども、本作品の深みをより増しています。2019年アカデミー賞を受賞した傑作を、ぜひ多くの人に見ていただきたいです。

字幕のところどころにクライミング用語(カチとかガバとか)が出てきて翻訳すごいなぁと思っていたら、字幕監修に日本有数のクライマーである平山ユージ氏が入っていました。納得。


2. 『アポロ11 完全版』

2019年はアポロ11号による人類初の月面着陸から50周年。このタイミングで公開された本作品ですが、なんと11,000時間以上もの未公開映像・音声を元にしたドキュメンタリーとなっています。まずは予告編を見ていただきたいのですが、リマスターとはいえ50年前のものとは到底思えない圧倒的映像美!なぜいまさらハイクオリティーな未公開映像が出てきたかというと、以下のような歴史があったからだそうです。

・NASAは当時、ミッション準備期間とその後を映画化する話をMGM Studiosと進めていた
・撮影クルーはハイクオリティーな映像のため、通常の35mmではなく70mmフィルムで撮影
・ところが、打ち上げ6週間前になり映画化の話がなくなる
・どうしても撮影をさせたかったNASAは、そのままクルーに撮影を続けさせる
・とはいえ映画化はなくなったので、膨大なフィルムの大半がお蔵入りに
・これらがアメリカ国立公文書記録管理局(NARA)とNASAから発掘される

ジョン・F・ケネディ大統領によるアポロ計画(人類を月に送る)という壮大なミッションに対して、数多くの人々が可能性を信じ、準備をし、ついには達成をするという実話。本物の映像のみが持つリアリティが、ここにはあります。


3. 『The Dawn Wall(ドーンウォール)』

再びクライミング映画です(笑)。「フリークライミングとは、岩登りの内、安全のため確保用具は使用するが、それに頼ることをせず自己の技術と体力で岩を登るものを指す。」(Wikipediaより)。つまり、全く道具の力を登攀には使っていないため、落ちなければ何もつけずに自力で登ったのと同じ。まさに、自身の肉体と自然との関係しかない、シンプルで美しい世界です。本作品では、再びクライマーの聖地「エル・キャピタン」を舞台に、誰も成し遂げていないルートでのフリークライミングに挑む二人を追っています。

長年に及ぶチャレンジの末、19日間も垂直の壁の中で過ごしたトミー・コールドウェルとケヴィン・ジョーグソン。達成時は世界的ニュースにもなったので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

トミーはここに至るまで波乱万丈の人生でした。キルギスでクライミング遠征中に反政府ゲリラに誘拐されながらも、そのゲリラを殺害して生還。その後も作業中の事故でクライミングの要とも言える人差し指を切断してしまいます。そしてクライミングパートナーでもあった妻と離婚。その悲しみをドーンウォールに打ち込むことで癒やしていきます。今回の挑戦のパートナーであるケヴィンとの友情も胸を熱くします。

前人未到という輝かしい業績の影にある、慎重かつ大胆な戦略。細部に渡る準備。そして、集中してやり遂げる力。本作品は、壮大な夢物語を現実に引きずり出すということがどういうことなのかをまざまざと見せつけてくれます。


大きな夢を掲げることの重要性を教えてくれる、これら3つの映画。ぜひ、機会があれば鑑賞していただければと思います。

---------
みなさまからいただく「スキ」がものすごく嬉しいので、記事を読んで「へー」と思ったらぜひポチっとしていただけると飛び上がって喜びます!

※ タイトル画像は筆者撮影。

#COMEMO #NIKKEI

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?