マーケティングトレースのリサーチ方法まとめ

マーケティングトレースのリサーチ方法まとめ

今日は企業分析、マーケティングトレースを実践する上でのリサーチ方法についてまとめました。

マーケティングトレースを実践する上で、フレームワークは理解できたけど調べ方がわからない!という質問を頂くことが増えてきました。

なので、自分が普段あたっている媒体をまとめました!

日常の仕事においてもデスクトップリサーチの質とスピードを上げるためにも参考になると思います。

●リサーチの全体像

マインドマップで整理しました。

マーケティングトレースのリサーチ方法を解説

視点はシンプルに2つに分けます。

①定量情報を把握する
②定性情報を把握する

詳細を整理していきます。

①定量情報を把握する

基本的には、3つの調査を入れます。

⒈概要を把握する
・会社概要ページを調べる
・採用ページを調べる
→検索からたどり着きましょう。

2.市場規模を把握する
・矢野経済研究所で調べる
・帝国データバンクで調べる
・総務省統計局で調べる
・検索ボリュームを調べる

3.売上/利益/市場シェアを把握する
・対象企業、競合企業、類似企業のIRページを調べる
→企業名×IRで検索しましょう。


②定性情報を把握する

1.チャネル特性を把握する
WEBサイト内を確認
・ブランド名周辺の口コミを確認
・グローバルナビを確認
・過去の出稿広告を確認
・特徴あるキャンペーンを確認
・特徴あるコンテンツを確認

※目視確認以外であればSimillar Webを活用


検索画面を確認
・会社名で検索した時の結果を確認

基本SNSを確認
・自社SNSアカウントでの発信を確認


2.ユーザー特性を把握する

・ブランド名周辺の口コミを確認
・ブランド名周辺の口コミを確認

Twitter検索であればTweetDeckを活用(特にアプリ使わなくてもリサーチは可能です)

3.外部要因を把握する
・経済産業省で調べる

・Newspicksで調べる
・日経新聞で調べる

・博報堂生活総合研究所で調べる

・TechCrunchで調べる


デスクトップリサーチとフレームワークを駆使してマーケティングトレースを繰り返すだけでもマーケティング思考力は鍛えることができます。

ぜひ、参考にしてみてください!

※書いてみて思いましたが、この内容は書籍にも入れようと思います。

本日の日報は以上です。

ご紹介した調査方法は、今週22日のリサーチャー菅原さんとのコラボイベントでさらに深掘りしていく予定です!


🐼🐼🐼
117
マーケターの筋トレコミュニティ #マーケティングトレース 主宰/日本のマーケティングリテラシーを底上げしていきたい。ブランディングテクノロジー(株)執行役員/パンダが好きなので上野の近く在住🐼

こちらでもピックアップされています

黒澤友貴の日報
黒澤友貴の日報
  • 217本

1日1noteを続けるために黒澤友貴の日報をはじめました。マーケティングのことを中心に、日々の仕事を楽しくするためのヒントになるかもわからないことを書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。