見出し画像

やりたいことをやろうとするからうまくいかない。

だいぶ前の話だけど、うちの社員が転職する、という話を聞いたのだが、どう客観的に考えても失敗するな、と思って、近い社員だったから、率直に、「やめるのは正直構わないけど、うまくいかないと思う。」と伝えた。

で、その社員は、「ずっとやりたいことだったので後悔はしません。」と返答してそれ以上はもう何も言わなかったのだけど、同じよう感じで、「後悔しないから前に進みます。」、と言ってたのに5年後、10年後に後悔している人があまりに多いなと感じていて、今回これについて書こうと思う。

自分が成功しているとは1ミリも思わないが、一応スタンフォードMBAにも入り、会社も起業して、10年以上会社を存続させて、約70人の会社を経営している立場からすると少なくとも今のところ失敗者とは言えないと思うので、その立場から言わせてもらうと、今まで自分のやりたいことをやってきた認識はない。厳密に言うと、”優先させてきた”認識はない。

根本的には、起業であり、やりたいことをやってきたのではあるければ、より根幹のところでは、自分のやりたいことよりも、成功するために必要なことを優先して生きてきた。振り返ると、もしかしたら遠回りであったかもしれないが、自分のやりたいことを後回しにしてきたのにも関わらず、結果的に今現在はやりたいことができている。

この年齢になり、会社経営も10年以上してきて思うのは、みんなやりたいことをやることを早い段階から優先しすぎということで、例えば、会社経営にしても、まず成功させて利益をちゃんと出せばその利益を使ってやりたい事業をできるかもしれないし、こういう類のことは、キャリアであっても様々なことに当てはまると思う。極端な言い方をすると、結果を出すことができれば全て後からついてくる。だから結果を出さなければならないし、だからこそ、結果が出る場所に身を置かなければならない、結果が出ることをやらなければならない。

成功する起業家に大切なことは何だと思っていますか?、とどこかのメディアの取材で聞かれた際に、「頑固じゃない、柔軟性がある」と答えた覚えがあるんだけれども、これも繋がっていて、頑固でやりたいことに固執するからいつまでもうまくいかないんだよなあ、と思う。

結果が出れば全て後からついてくるので、結果を出すことをまず優先させるのがいいと思いますね。


この記事が参加している募集

#仕事について話そう

110,936件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?