新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

継続的に非常時モードの練習をしよう

各レベルで今回の問題を検討しよう

 コロナに対する対応は、相手が自然現象であり、そして未知の問題であるから、大胆な想像と仮説をもって、対応をするため、困難さが多い。結果、さまざまな混乱も生じている。そして、このように混乱が起きると、人は誰かの責任に押し付けることが多くなる。しかし、すべての個人、小さなグループでも、このような問題に対して解決策を考えることが重要だと思う。今回の問題について、きちんと、すべての個人、すべての組織で点検や検討するべきでなないだろうか。

テレワークって、本当に機能していますか?

 今回、いくつかの企業では、自宅からの勤務を推奨している。多くの企業の総務やシステムはテレワークの仕組みを導入しているから、大丈夫と思っているかもしれない。では、実際に全社員がテレワークを行う訓練を行っているだろうか。良く聞く話は、全社員でテレワークを行おうと思ったら、サーバーの処理を超えてしまい、行えなかったとか、上司がテレワークの仕組みを理解しておらず、部署内の会議が行えず、結果上司には電話をする、などの現象である。

 仕組みを導入していることと、そのツールを使いこなせることは大きな違いがある。

 私たちは、毎年、防災訓練をする。それは、非常口や非常階段を知っていても、実際に使ってみないとわからないことが多いからである。ぜひ、すべての企業で、全社でテレワークの訓練をしてみてはどうだろうか。

重要な会議を、リモートで行う訓練をしていますか

 仕組みや、ツールだけの問題はなく、実際にはリモートで業務をする方法にも訓練が必要だ。例えば、重要な会議をリモートで行ったことがあるだろうか。向き合って行う会議と、ネットワークを使った会議では、進め方も、発言方法も異なる。

 進め方では、全員の顔が見えないので、承認を取るときには、「頷く(うなずき)」では駄目で、明確に「はい」「いいえ」を聞き出さないといけない。これが、人数が多いと意外と難しいのである。

 発言するほうも、いつもよりゆっくり、活舌良く話さないといけないし、表情が伝わっていないことが多いので、通常よりも抑揚をつけて離さないといけない。

 これは、まさにツールではなく、人の訓練の領域だ。

非常時モードの訓練

 このように、非常時の会社の業務に求められている、ツール、システム、人の行動方法などを理解するためにも、防災訓練どうよう「非常時モードの業務」の訓練も必要なのである。ぜひ、常時に戻ったら、計画して進めてみてはどうだろうか。

#COMEMO #NIKKEI

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし良ければ、サポートをお願いします。今後の執筆のための、調査費用などに、有効に活用して、記事としてお戻しします。

ありがとうございます。ぜひ、フォローもお願いしますね。
14
1992年に花王に入社。デジタル・マーケティングをリード。現在は、コンサルタントとして企業のマーケティングのデジタル化を支援。ビジネスブレークスルー大学の講師、東京大学大学院数理科学研究科 客員教授、事業構想大学院大学 客員教授。著作として「シングル&シンプルマーケティング」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。