足りていないのは探検家なんだ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

足りていないのは探検家なんだ

遠藤 直紀(ビービット 代表)

時価総額10兆円を超えたスクェアの創業者、ジム・ジム・マッケルビーが、2020年に書いたイノベーションについての本が、最近日本でも出版されました。

ビジネス関連の書籍で、声を出して笑ったり、涙がこぼれたことはこれまでありませんでしたが、この本は違いました。ユーモアと熱い気持ちが詰まっていました。

『 最近では、事業を始める人はみんな起業家扱いされる。これは観光客を探検家と呼ぶようなものだ。「起業家」という言葉を見たら、反逆者、探検家、そして利潤や常識さえ無視して動く人々を想像してほしい。

そして、「起業家」とは完璧な問題に取り組む人である。完璧な問題は、未解決でありながら、自分が解決するための力と勇気を持っている問題だ。解決策はあるはずだけれど、その解決策はまだ存在していない。

自分で解決するまで、しかも一番乗りで解決するまで、その問題が完璧だったかどうかはわからない。さらに、問題が解決不能だと証明する方法もない。』

この書籍では、誰も解いていない問題に対して命を賭して果敢に取り組む、探検家のような存在を「起業家」と定義しています。

そして、この探検の結果が、新しい産業や市場を切り拓くことが示されています。

既に解かれている問題を、より上手く解くことを目指すことは、決して悪いわけではありませんし、利益を上げることも多いでしょう。

しかし、人類の未来を切り拓きもしません。マッケルビー氏流に言えば、より良くするための挑戦にいくら困難が伴ったとしても、それは観光のようなものです。

日本でも、スタートアップ企業が勃興してきおり、日本経済を活性化させる良い流れが起きています。このスタートアップ企業の中に、探検家的な起業家の比率が増えていけば、日本にも新市場が生まれます。

そして、完璧な問題に対峙するのは決して初めからでなくても良いのです。20世紀を代表する起業家の松下幸之助さんの伝記を読むと、最初から問題に対峙されていたわけではありませんでした。事業を興す苦労の中で、自らが取り組むべき問題を見い出されていきました。

経緯は様々あるにせよ、完璧な問題に取り組むスタートアップ企業がどんどん誕生していけば、日本はもっともっと元気になるはずです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
遠藤 直紀(ビービット 代表)

内容に気付きがあったり、気に入って頂けたら、ハートマークのスキを押して頂けると有難いです。励みになります!

有難うございます!励みになります!
遠藤 直紀(ビービット 代表)
エクスペリエンス設計を支援するビービットの代表( https://www.bebit.co.jp/ ) 鳥取県米子市出身、横浜国立大学経営学部卒業。TED 貢献志向の仕事( https://www.youtube.com/watch?v=FUTi1At5B-o )