見出し画像

海外でトラブルを乗り越えるために超重要なのは「楽しむ心と機嫌よくいること」

オーストリアで開催される世界的メディアアートの祭典アルスエレクトロニカでの「Namahage in Tokyo」の発表が無事に終わり帰国しました。

今回の海外渡航、めちゃんこトラブルが多かったです。海外展示トラブル100本ノックかよ、というレベルに色々おきました……
パスポート期限切れ、あらゆる機材が現地で呪いのようにぶっ壊れまくる、必要な資材が現地で全然見つからない、充電バッテリーが現地で即オダブツしてPC使えない、、etc……

ただ、最終的にはまあどうにかなりました。そしてこれらトラブルを乗り越えるために重要な心構えに気付いたので、備忘録として書き留めます。

どんなヤバイ局面でも、どこか楽しむ心構えでいるとどうにかなる

本当にこれ大事だと思いました。悪い方向に考えたり絶望してしまうとそれだけでメンタル消耗して、本当にがんばらないといけない部分でガス欠したり折れてしまうので……
「まあ、どうにかなるだろう」「というか最悪どうにかならなくても死にはしないし、頑張ればリカバリできるだろう」「どんなことが起きても人生の最高のネタや笑い話にしてやる」ぐらいの心構えでいると、冷静に対処できることがわかりました。

大変なときこそきちんと身ぎれいにして機嫌よく楽しそうにやってるといろんな人が助けてくれる

何か大変なことやトラブルが起きたとき、髪を振り乱して悲壮感漂わせて駆け回ってると人が離れるのですが、
大変なときこそ身ぎれいにして楽しそうにやってると人が集まってきて助けてくれる、という身も蓋もない真理に気づきました。

画像1

現地マーケットで展示に使う物資を調達しようと思ったのですが、店が広大すぎ&ドイツ語表示でなかなか見つからず。「ヤバイ!!全然目当てのものが見つからない!!ヤバイヤバイあああああぎゃああああああ😱🤯」と焦ってる時、現地の店員さんたちにやや冷たくあしらわれたのですが、、

きちんとお化粧し身ぎれいにして「あっれ〜見つからないな〜wwwどこだろ、店員さんわかります〜?テヘペロ〜😉」ぐらいの軽いノリの時はめっちゃ助けてもらえてあっさり解決しました。なんなんこの差は……。

まあ、国を問わず人間の性ですよね……確かにそんな焦って鬼婆みたいになってる人には近寄りたくないので……自分がトラブルに巻き込まれると焦って忘れちゃうんですが、そういうときこそ冷静にいようと思いました。

大教訓:「なるべく機嫌よく、楽しんでいること」はどこの国でもめちゃくちゃ大事

来月も渡航予定があるし、再来月は自分の開催するフェスティバルがあるため、いずれもこの心持ちを大事にしようと思います。押忍。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧頂きありがとうございます!頂いたサポートは新作の制作費に使わせていただきます🙏🏻

感謝の念を送ります…
27

市原えつこ(メディアアーティスト)

メディアアーティスト、妄想インベンター。主な作品に喘ぐ大根「セクハラ・インタフェース」「デジタルシャーマンプロジェクト」(文化庁メディア芸術祭優秀賞、アルスエレクトロニカ栄誉賞)など。日経COMEMO KOL【公式web】http://etsuko-ichihara.com/

クリエーター向けノウハウ集

クリーエータ向けの広報ノウハウや海外展開Tipsなど、個人で活動しているクリエーター向けのメソッドを発信していきます。今後もコンテンツは増やしていく予定。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。